周辺機器セットアップマニュアル

ReCOREと周辺機器を連動させる為の手順を解説いたします。

プリンター等の周辺機器とPCをケーブルで接続の上、以下の手順をお試しください。

 

目次

はじめに

  1. ReCORE connectorをインストール
  2. ラベルプリンタの機種別ドライバをインストール
  3. レシートプリンタの機種別ドライバをインストール
  4. キャッシュドロアーとカスタマーディスプレイの設定
  5. 機器の動作テストを行う
  6. バーコードリーダーの設定
  7. 複合機・スキャナーの設定

補足)レシートプリンターをbluetoothで接続する
  

以上の順番で解説をいたします。

 

検証環境—————————————

以下の環境で動作を確認済みです。

・Windows 10 / 64bit
※Windows8.0以下では、正確に動作致しません。
・ラベルプリンター = Brother QL-800
・レシートプリンター = EPSON TM-m30
・カスタマーディスプレイ= EPSON DM-D30
・キャッシュドロアー = EPSON CDA-3336

————————————————-

 

はじめに

まずは、以下のURLより必要な周辺機器のドライバー全てダウンロードし、ご準備ください。

 

周辺機器の機種別ドライバー(EPSON .NET版)EPSON OPOS ADK:レシートプリンター)

「OPOSN1.14.15.exe」

https://www.epson.jp/dl_soft/readme/30275.htm

 

周辺機器の機種別ドライバー (EPSON Advanced Printer DriverTM-m30レシートプリンター)

「APD_511R1_m30.zip」

https://www.epson.jp/dl_soft/readme/28689.htm

 

周辺機器の機種別ドライバー(Brother QL800 プリンタードライバー:ラベルプリンター)

「bsq16aw170bjpn.exe」

https://support.brother.co.jp/j/b/downloadlist.aspx?c=jp&lang=ja&prod=es_ql800jp&os=10011

 

1.ReCOREコネクターをインストール

まずはじめに、ReCORE connectorをインストールします。 こちらのURLを開き、インストールボタンを押してファイルをダウンロードします。

http://recore-connector.s3-website-ap-northeast-1.amazonaws.com/

ダウンロードされた、【setup.exe】という実行ファイルをクリックし、実行してください。 以下の画面が表示されますので、ライセンス条項をご一読の上、「同意する(A)」をクリックし てください。

次の画面にて「インストール(I)」をクリックすると、自動でインストールが開始されます。

 

※途中で「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」という画面が3度ほど表 示されますが、「はい」をご選択の上インストールを進めてください。

インストールが完了すると、ReCOREコネクターが正常に起動している旨のメッセージが表示さ れ、お使いのPCのデスクトップ上にもReCOREコネクターのアイコンが表示されます。

アイコンをクリックすると、この様な画面になります。

全てのドライバーのインストールが完了した後、最後にテスト印刷にて確認を行いますの で、この時点ではいったんReCOREコネクターを閉じてください。

 

ポイント:

  • もしエラーは発生した場合は、PCを再起動してから、もう一度ReCORE connectorを 立ち上げ、同様の作業を行ってください。 また、プリンターの電源が入っているかどうか、配線が正しいかどうかもあわせてご確認 ください。
  • 見積もり書などの通常プリンタ印刷は、インストール直後の初回のみかなり時間が掛か りますので、(約30秒)、1度印刷しておけば次回以降は速やかに出力されます。

 

2.ラベルプリンターの機種別ドライバをインストール

最初に、ラベルプリンターBrother QL-800用のドライバをインストールします。

【周辺機器ドライバー】フォルダ内にある、「1ラベルプリンター機種別ドライバ(QL- 800)」ファイルを開きます。 (「ファイルを実行しますか?」というポップアップが出た場合、「実行(R)」を選択してくだ さい。)

すると、ポップアップが表示され、自動でファイルが実行されます。(何もせずに待っていてくだ さい)
しばらくすると、以下の画面が表れます。

必ずQL-800を選択し、OKを押してください。

「Brother QL-800セットアップへようこそ」という画面が表れたら、「次へ」をクリックします。

 

以下の画面が表示されたら、プリンタのケーブルをPCに繋げ、電源を入れてください。
※電源が入っていないとインストールできないので注意!

「次へ」を押します。

最後の完了を押すと、brother QL-800用のドライバのインストールは完了です。

 

 

3.レシートプリンターの機種別ドライバをインストール

次に、レシートプリンターEPSON TM-m30用のドライバをインストールします。 【周辺機器ドライバー】フォルダ内にある、「2レシートプリンタドライバ1」というファイルを

開き、「セットアップファイル」を実行します。

ファイルを起動すると、以下の画面が表れます。

日本語を選択して「次へ」を押してください。

「EPSON OPOS ADK for .NETのInstallShield Wizardへようこそ」という表示の画面になりますので、「次へ」を選択します。

続いて、使用許諾契約が表示されますので、ご一読の上、「使用許諾契約の全条項に同意します」をチェックし、「次へ」を押します。

次の画面が表示されますので、真ん中のユーザー標準」を選択し、「次へ」を押します。

 

次の画面では、以下の通り、チェックボックス全てにチェックを入れて、「次へ」をクリックします。

次の画面でも「次へ」を選択すると、インストールが開始されます。

そのまましばらくすると、「InstallShield Wizardの完了」という表示が出るので、「完了」ボタンを押し、画面を閉じてください。

 

次に、お使いのPCの「コンピューター」にある「HDD(C:)」を選択します。

次にProgram Files → epson → OPOS for .NET→ SetupPOS の順でフォルダを開きます。

この中の「Epson.opos.tm.setpos.exe」を

右クリック>管理者として実行

で起動してください。

以下の画面が表示されますので、「追加」ボタンを押します。

 

以下の通り、デバイス名で「TM-m30」を選択します。
(その他の分はそのままで問題ございません。)

 

次画面では、以下の画面と同様になっているか確認し、「次へ」をクリックします。

注意:
場合によっては、「TMPORT002」等、他のポートが選択できる場合があります。
通常通り設定を進め、上手く動作しない場合、他ポートに設定変更し動作するか試してください。

 

次の画面では特に設定は変更せず、そのまま「終了」を押してください。

左側にEPSONのPosPrinterが表示されていれば、最後に左上の「保存」ボタンを押します。

注意:
保存ボタンを押し忘れると、上記の設定が消えてしまいます。必ず保存ボタンを押して下さい。

 

次に【ReCOREインストール一式フォルダ】にある、「⑤レシートプリンタドライバ」というファイルを実行してください。

インストール確認画面が表示されますので、「次へ」をクリックします。

すると使用許諾書が表示されますので、ご一読の上、「同意する」にチェックマークをつけて「インストール」ボタンをクリックします。

インストール画面がしばらく表示されますので、そのまま待ちます。

しばらくすると、「プリンターの登録」という画面になりますので、プリンターをPCに接続の上、「次へ」を押します。

 

以下の様な画面が表示されますので、特に設定は変更せず、「設定を保存」をクリックし、「5.完了 次へ」をクリックしてください。

(通常使うプリンターへの設定は無視していただいて結構です。)

 

「インストールが完了しました。」という画面が表示されたら作業は完了です。

 

 

4.キャッシュドロアーとカスタマーディスプレイの設定

キャッシュドロアー及びカスタマーディスプレイをReCOREと連動されるお客様は、以下の設定もお願いします。

キャッシュドロアーとカスタマーディスプレイは、ドライバのインストールは不要ですので、物理的にレシートプリンター【TM-m30】とコードで繋ぎ合わせた状態で、

以下に従って設定して下さい。

 

◆ラインディスプレイ

まず、お使いのPCのCトライブ(フォルダを開き、左側メニューバーの「PC」内)から

Program Files → epson → OPOS for .NET→ SetupPOS

の順でフォルダを開きます。

最後に、Epson.opos.tm.setpos.exeを

右クリック>管理者として実行

で起動します。

すると、上の様な画面が出てくるので、「追加」をクリックします。

次に、出てきた画面の「デバイスカテゴリ」で、「Line Display」を選択、 「デバイス名」は「DM-D30」を選択して、「次へ」をクリックして下さい。

 

次に、こちらの画面で、「ポートの種類」から「USB」を選んで頂き、 「接続するポート」から「TMPORT001」(先ほどレシートプリンターを接続したポート)を選び、「次へ」をクリックして下さい。

注意:
場合によっては、 「TMPORT002」等、他のポートが 選択できる場合があります。 通常通り設定を進め、上手く動作し ない場合、他ポートに設定変更し 動作するか試してください。

 

次に表示された画面にて、【マルチバイト文字のサポート】を日本語に設定し、「終了」をクリックして下さい。

これで、カスタマーディスプレイの設定は終了です。

忘れずに必ず「保存」ボタンをクリックして下さい。

 

◆キャッシュドロアー

次に、同じ流れでキャッシュドロアーの設定をします。

まず、「追加」をクリックして下さい。

以下の画面が表示されますので、「デバイスカテゴリ」で「Cash Drawer」を選んで、「次へ」をクリックして下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次に、こちらの画面で、「ポートの種類」から「USB」を選んでいただき、「接続するポート」から「TMPORT001」(先ほどレシートプリンターラインディスプレイを接続したポート)を選んで、「次へ」をクリックして下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

注意:
場合によっては、「TMPORT002」等、他のポートが選択できる場合があります。
通常通り設定を進め、上手く動作しない場合、他ポートに設定変更し動作するか試してください。

 

次に、上記の画面が出てくるので、そのままの状態で、「終了」をクリックして下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、「保存」をクリックすれば、キャッシュドロアーの設定は終了です。

 

5.機器の動作テストを行う

手順1~4が完了した時点で、正常に設定が完了しているかどうかを確認するため、機器の動作テ ストを行ってください。

まずは、1でインストールしたReCORE connectorをデスクトップより立ち上げます。

機器の電源が入っていることを確認し、ラベルプリンター、レシートプリンター、キャッシュド ロワ、ラインディスプレイ(カスタマーディスプレイ)各機器において、テスト印刷/開け/表示が できるかどうかをお試しください。

ラベルやレシートの印刷、キャッシュドロワが開く、カスタマーディスプレイにテスト表示がで きていれば設定は完了となります。

万が一エラーが発生する場合は、各機器の接続を再度ご確認いただいた上で、機器及びReCORE コネクターを再起動させてください。

※その上でエラーが解消されない場合は、弊社までお問い合わせください。

 

 

6.バーコードリーダーの設定

バーコードリーダーの設定に関しては、以下のページでご確認ください。

バーコードリーダー・パスポートリーダーの設定方法

※ReCORE推奨機器以外のバーコードリーダーをお使いの方は、恐れ入りますが弊社までお問い合わせくださいませ。

 

特記事項

・エラーは発生した場合は、PCを再起動してから、もう一度ReCORE connectorを立ち上げ、同様の作業を行ってください。
※プリンターの電源が入っているかどうかもご確認ください。
こちらのトラブルシューティングもご参照ください。

ReCOREコネクター トラブルシューティング [ReCORE推奨機器編]

 

・見積もり書などの通常プリンタ印刷は、インストール直後の初回のみかなり時間が掛かりますので、(約30秒)、1度印刷しておけば次回以降は速やかに出力されます。

 

7.複合機・スキャナーの設定

弊社の推奨機器である複合機、EPSON PX-M 855Fについての設定は、こちらの記事をご参考ください。

複合機の設定について

 

 

補足)レシートプリンターをBluetoothで接続する

4.レシートプリンタの機種別ドライバをインストールでは、レシートプリンターをUSB接続する方法をご紹介いたしましたが、Bluetoothを使った接続も可能となっております。
以下に手順を解説いたします。

 

①レシートプリンターのBluetooth接続ソフトをダウンロードする

まず、こちらのURLを開いていただき、【ダウンロードする】より、ソフトウェア本体を選択してダウンロードを開始してください。

https://www.epson.jp/dl_soft/readme/27153.htm

 

zipファイルがダウンロードされますので、展開し、フォルダ内にある「TMBluetoothConnector204.exe」というファイルを実行してください。

インストール画面が立ち上がりますので、【次へ】を選択し、使用許諾書をご一読の上、インストールを完了させてください。

 

②Bluetoothコネクターでパソコンとレシートプリンターを接続させる

まず、インストールしたソフト(EPSON Bluetooth Connector) を開きます。

すると青色のメイン画面が立ち上がります。

デバイス検索をクリックすると、自動でbluetooth接続が可能な周辺機器の検知がスタートします。
(※周辺にあるPCや、スマホなども表示される場合があります。)

該当機器であるTM-m30を選択し、接続を押してください。

すると、【ポートの選択】画面が表示されます。

ポートは

「COM○」※○の部分は数字

と表示されますので、そのままOKボタンを押してください。

接続が完了すると、【接続完了】画面が表示されますので、終了してください。

 

④ポートを設定する

次に、さきほど選択したポートにプリンターを割り当てます。

パソコンのCドライブ内より、Program Files → epson → OPOS for .NET→ SetupPOS の順でフォルダを開きます。

この中の「Epson.opos.tm.setpos.exe」を

右クリック>管理者として実行

で起動してください。

 

◆既に一度設定が完了している場合

先にUSB接続設定を行っている方は、左に接続されている機器(PosPrinterおよびCashDrawer、LineDisplay)が表示されておりますので、その中からPosPrinterを選択し、メニューバーの【変更】ボタンをクリックしてください。

さらに、【ポート】というタブを開くと、接続形式がUSBになっている状態となっておりますので、こちらをbluetoothに変更してください。

bluetoothを選択すると、接続するポートに「COM○」※○の部分は数字 と表示されます。

こちらの数値の部分を、さきほどBluetooth コネクターで設定した数値に手入力で修正します。

その後、保存ボタンをクリックしてください。

同様に、LineDisplayとCashDrawerの設定も行ってください。

 

◆新規で追加する場合

まだ機器の登録が行われていない場合は、まず【追加】ボタンを押してください。

以下の通り、デバイス名で「TM-m30」を選択します。
(その他の分はそのままで問題ございません。)

次の接続方法を選択する画面以降は、上記を同じ手順となります。

接続形式をbluetoothを選択し、ポート名を入力してください。

必ず最後に保存ボタンをクリックしてください。

 

以上がレシートプリンターをBluetoothで接続する方法でした。

 

 

 

以上で全ての設定が完了です。

エラーが解決されない、または機器が正常に動かない場合は、お手数ですが弊社にお問い合わせくださいませ。