【2020/10/30リリース】商品ラベルの種類について

ラベルプリンターのReCORE推奨機器であるBrother QL-800、またはQL-820にて出力できるラベルのサイズ・印字パターンを紹介します。

 

はじめに

現行のサイズから変更される際は、ReCOREコネクターの詳細設定より操作ください。

※本機能をご利用いただくには、ReCOREコネクターのバージョンが最新の1.16.0.0である必要がございます。ご確認の上、アップデートを行ってください。

 

推奨機器であるBrother QL-800、またはQL-820のみの対応となります。その他の機種では対応しておりませんので、予めご了承くださいませ。

 

 

サイズ一覧

ラベルサイズの設定を変更される際は、以下の情報をご参考ください。
全3種類よりご選択いただけます。

※ラベル用紙は別途ご購入が必要となります。

ラベルタイプ(デフォルト) ラベル用紙型番 大きさ
タイプ01
※現行のラベル
DK-2205
  •  幅62mm×30.48m※1綴タイプなので印刷するラベルによって縦幅が異なる
    – 商品ラベル:約36mm
    – PDコードラベル・会員ラベル:約28mm
タイプ02 DK-1209
  • 幅62 × 縦29mm
タイプ03 DK-1215
  • 幅42mm × 縦29mm

 

パターン一覧

ラベルの印字パターンは以下の5種となります。
上記のラベル用紙に相当するタイプをご選択ください。(用紙とパターンが異なる場合はエラーが表示されます。)

▼画像クリックで拡大

 

ラベルタイプ(プライスタグ) ラベル用紙型番
タイプ01
※現行のラベル
DK-2205
タイプ02 DK-1209
タイプ03 DK-1215
タイプ04 DK-1209
タイプ05 DK-1215
タイプ06 DK-2205
タイプ07 DK-2205

 

 

表示項目

タイプ別で表示される項目の詳細を記載いたします。

 

【タイプ01】

 JANコード/日付 / ITコード / 商品名 / 商品グレード / 価格・価格種別

▼例


 

【タイプ02,03,06】

グロス管理表示(グロス管理でない商品では非表示)/ ITコード / 商品名 / ブランド / コンディションタグ / コンディション詳細 / 商品グレード / 価格 / 価格種別 / 定価 / サブ価格・価格種別

▼例


【タイプ04,05,07】

グロス管理表示(グロス管理でない商品では非表示)/ ITコード / 商品名 / メーカー / 型番 / コンディションタグ / コンディション詳細 / 商品グレード / 価格 / 価格種別 / 自由項目1

▼例

 

※カタログに情報があるものみ印字されます。

※タイプ02〜05の左上の数字の羅列は、在庫商品管理の為にスタッフ様のみが判別できる原価数値等の組み合わせです。

※消費税表示形式は、「設定>本部設定」画面「消費税設定」項の「商品価格税モード(販売)」に外税・内税どちらを設定されているかにより異なります。

例:外税=税別、内税=税込

▼組み合わせ法則

  1. 仕入れ日をDDMMYYで表現(例:2020/03/21の場合 210320)
  2. 原価を8桁で表示(8桁に満たない場合は0で補てん)(例:63,000円の場合 00063000)
  3. 上記1.2の仕入れ日と、反転させた原価を繋げる(例:21032000036000)
  4. 左から4,8文字目にスラッシュを追加(例:2103/2000/036000)

上記例通り2020/3/21に63,000円の商品を買取った場合は2103/2000/036000という表示となる