ヘルプ > 周辺機器の設定とトラブル > バーコードリーダー > バーコードリーダー・パスポートリーダーの設定方法

バーコードリーダー・パスポートリーダーの設定方法

  • 公開日:2019年09月13日
  • 更新日:2024年07月08日

概要

バーコードリーダー

在庫コード、カタログコード、スタッフコード、ケースコードなどのバーコードを読み取りを行うことでReCOREの各操作がスムーズになります。

パスポートリーダー

免税販売時に購入者様のパスポートのコードを読み取り、パスポート情報を自動的にReCOREに反映することが可能です。

こちらは、バーコードリーダー・パスポートリーダーの設定について解説いたします。

なお、バーコードリーダーに設定を行われる際は、必ず設定に必要な読み取り用紙をプリンターより印刷うえ、手順に沿ってご対応ください。

PC画面の表示より読み取りを行われますと、意図せず異なったバーコードを読み込んでしまうなど正しく設定がされない可能性もございますので、ご留意ください。

目次

各バーコードリーダーの設定方法

ご利用の機種に応じて各機器の設定方法より設定を行い、設定完了後にバーコードリーダーの読み取りテストを行ってください。

ウェルコムデザイン SSHC65VU(有線)

①バーコードリーダーの接続ケーブルをPCのUSBポートに差し込みします。

②以下のPDFをダウンロードのうえ印刷します。

バーコードリーダーの設定(SSHC65VU)

③印刷された資料の赤枠で囲まれた番号①〜⑥の順にバーコードを読み取ります。(※他の操作はしないでください)

以上で設定完了です。

※機器の設定を初期化する場合、「SSHC65VU初期化」をダウンロードし、番号順にバーコードを読み取ります。

FK-1530V(有線)

①バーコードリーダーの接続ケーブルをPCのUSBポートに差し込みします。

②以下のPDFをダウンロードのうえ印刷します。

バーコードリーダーの設定(FK-1530V)

③印刷された資料の赤枠の①〜⑤の順にバーコードを読み取ります。(※他の操作はしないでください)

以上で設定完了です。

※機器の設定を初期化する場合、「FK-1530V_初期化」をダウンロードし、番号順にバーコードを読み取ります。

※ハンズフリーでの読み込みについて

スタンドに設置した状態で、トリガーを引かずにバーコードを読み取ることが可能です。

以下どちらかのパターンを確認のうえ、設定をしてください。

【パターン1】連続読取モード設定時:トリガーを押すことで、読み取りのON/OFF を切り替えることができます。

【パターン2】物体検知モード設定時:トリガーを1 回押すことで5 秒間ほど一時的に読み取りをOFF にすることが
できます。(時間経過後、自動でON に戻ります)

自動読み取りモードの設定(FK-1530V)

FK-800V(有線)

①バーコードリーダーの接続ケーブルをPCのUSBポートに差し込みします。

②以下のPDFをダウンロードのうえ印刷します。

バーコードリーダーの設定(FK-800V)

③印刷された資料の黄色の背景色の①〜⑧の順にバーコードを読み取ります。(※他の操作はしないでください)

以上で設定完了です。

※機器の設定を初期化する場合、「FK-800V_初期化」をダウンロードし、番号順にバーコードを読み取ります。

DENSO ウェーブ SF-1BB(無線)

①付属のガイド設定に従って、バーコードリーダーとPCをbluetoothで接続します。

ペアリングが完了し、テスト読み込みに成功した状態にします。(説明書の第2章 Bluetooth接続参照)

②以下のPDFをダウンロードのうえ印刷します。

バーコードリーダーの設定(SF-1BB)

③印刷された資料の『START』〜『END』の順にバーコードを読み取ります。

以上で設定完了です。

FK system NLS-BS8060-2T(BP-802)バーコードリーダー(無線)

付属の簡易マニュアルに従って、バーコードリーダーとPCをbluetoothで接続させます。

ペアリングが完了し、テスト読み込みに成功した状態にします。

②以下のPDFをダウンロードのうえ印刷します。

バーコードリーダーの設定NLS-BS8060-2T_BP-802

③印刷された資料の赤枠で囲まれた番号①〜⑤の順にバーコードを読み取ります。

以上で設定完了です。

※機器の設定を初期化する場合、「NLS-BS8060-2T_BP802_初期化」をダウンロードし、バーコードを読み取ります。

バーコードリーダー FK-6530BT(無線ハンディタイプ)

設定に必要な資料を以下のPDFをクリックして、ダウンロードのうえ印刷します。
FK-6530BT_ReCORE設定資料

【1】PCとバーコートリーダーの接続設定

クレードル接続の場合

必要な機器(4点)を準備のうえ、接続します。

・スキャナー
・クレードル
・データ通信用ケーブル(USBケーブル)
・給電用ケーブル(USBケーブル)

給電用ケーブルをクレードルに差し込み、ケーブルの反対側をコンセントに差し込みます。
データ通信用ケーブルをクレードルに差し込み、ケーブルの反対側USBポート部分は一度PCから抜きます。

接続の設定手順(資料2枚目:表記6ページ参照)

①データ通信用 USB ケーブルをPCから抜いて、接続していない状態にしておきます。

②『ペアリング初期化』 ➡ 『BT SPP』 ➡ 『クレードルペアリングモード』の順にバーコードを読み取ります。

③データ通信用 USB ケーブルをPCに接続(クレードルがペアリングモードになります)

④クレードルに貼付の「Pairing Code」(クレードルのLED上部 及び 底面)のバーコードをスキャン

ビープ音が 2 回 & スキャナーとクレードルの青 LED が点灯 したら、ペアリング接続完了です。

Bluetooth接続の場合

必要な機器(3点)を準備のうえ接続します。

・スキャナー
・クレードル
・給電用ケーブル(USBケーブル)

給電用ケーブルをクレードルに差し込み、ケーブルの反対側をコンセントに差し込みます。
※データ通信用ケーブルは利用しませんので、保管しておきます。

接続の設定手順(資料3枚目:表記7ページ参照)

①『ペアリング初期化』 ➡ 『Bluetooth ー HID』 ➡ 『ペアリングモード』の順にバーコードを読み取ります。

②PCのWindows「設定」の「デバイス」画面より、「Bluetoothとその他のデバイス」をクリック後、『Bluetoothまたはその他のデバイスを追加する』をクリックします。

③しばらく後に表示された機器名『Bluetooth Scanner』を選択します。

デバイスのインストールが行われ、デバイス名が追加されるとBluetooth接続完了です。

【2】バーコードリーダーの「スリープモード設定」変更(資料4枚目:表記10ページ)

「スリープモード設定」は、バーコードリーダーの電源がついた状態で一定時間何も操作しないと、自動的にスキャナーの電源が切断されます。

資料の『無効(スリープしない)』の読み取りを行い、切断されないように設定します。

【3】バーコードリーダーの「自動接続の時間設定」変更(資料4枚目:表記10ページ)

バーコードリーダーと接続されているPCの距離が離れることで無線通信の範囲外になると、通信接続が切れてしまいます。
こちらの設定を行うことで、設定時間内にバーコードリーダーとPCを互いの通信範囲内へ移動すると自動的に再接続されます。

資料の「自動接続の時間設定」より設定したい時間のバーコードを1点読み取ります。

【4】ReCORE利用に必要なバーコード読み取り設定(資料5枚目~8枚目:表記47〜58ページ)

資料の赤枠で囲まれた番号①〜⑥の順にバーコードを読み取ります。

以上で設定完了です。

機器の設定を初期化する場合(資料10枚目:表記12ページ)

上記設定を行っても正しい動作が確認できない場合は、以下の手順で機器を初期化のうえ、改めて設定を行います。

資料の『設定開始/設定終了』 ➡ 『設定初期化』 ➡ 『設定開始/設定終了』の順にバーコードを読み取りを行います。

unitech MS910 ワイヤレスバーコードスキャナー(無線)

①PCとバーコードリーダーのBluetooth接続

付属のガイド設定に従って、バーコードリーダーとPCをbluetoothで接続させます。
ペアリングが完了し、テスト読み込みに成功した状態にしてください。

②ReCORE利用に必要なバーコード読み取り設定

次に、こちらのPDFをダウンロードして印刷します。

バーコードリーダーの設定(MS910)

PDF内の赤枠で囲まれた番号①〜④を順にバーコードを読み取ります。(※他の操作はしないでください)

以上で設定完了です。

ReCORE推奨機器以外のバーコードリーダーを利用される場合

当該機種に「プレフィックス」もしくは「プレアンブル設定」で『F9』を設定できる機能があるか機器メーカーにご確認のうえ、機能がある場合はメーカー指定の設定方法に従って設定をお願いいたします。

当該機種に設定機能がない場合は、ReCORE内で各項のバーコードを読取された際に自動でカーソルが移動する機能をご利用いただくことができませんので、ご了承ください。

より効果的にReCOREをご活用いただくためには、推奨機器のご利用をおすすめいたします。

パスポートリーダーの設定方法

以下の設定を行い、設定完了後に読み取りテストを行ってください。

Honeywell 1950gSR‐U

①パスポートリーダーの接続ケーブルをPCのUSBポートに差し込みします。

②以下のPDFをダウンロードのうえ印刷します。

バーコードリーダー・パスポートリーダー設定(パスポートHoneywell1950gSR-U)

③印刷された設定内容の①〜④の順にバーコードを読み取ります。(※他の操作はしないでください)

以上で設定完了です。

その他

Bluetooth接続ができない場合は、以下のガイドも参考にご覧ください。

Bluetooth接続ができない
https://help.recore-pos.com/archives/11238

その他、ご不明点がございましたらヘルプチャットもご利用くださいませ。

この記事は役に立ちましたか?

ご意見ありがとうございます!