CLOSE ×

スキャナーと複合機のプリンター・スキャナーの設定について

公開日:2022年12月14日更新日:2022年12月15日

概要

日々の業務におきまして、本人確認のための身分証スキャンや、見積書や売買契約書の印刷、プライスカードの発行などで、スキャナーまたは複合機をご利用いただくことも多いかと存じます。

ReCOREを介してスキャナーと複合機をご利用いただくための設定方法についてご参照ください。

※各ドライバーがインストールされていない状態では、ReCOREコネクターに選択肢が表示されません。

 

目次

FUJITSU fi-65F

 

EPSON PX-M 885F

brother MFC-J4440N

スキャナーの設定について(FUJITSU fi-65F)

FUJITSU fi-65F

(製品ページ)

https://www.fujitsu.com/jp/products/computing/peripheral/scanners/fi/products/fi-65f/

※ReCORE推奨機器

推奨の定義:ReCOREの周辺機器における「推奨」の定義は、弊社が販売も行っているので弊社側に実機があり不具合が発生した際に具体的な検証が行えるため、解消までの流れがスムーズであるということを指します。

 

スキャナーの輸送ロックを解除してPCへ接続する

スキャナー「Fi-65F」の機器ケーブル差し込み面の鍵マーク「輸送ロック」のスイッチをスライドしてロック解除します。

 

スキャナーを電源ケーブルに接続し、PCにUSBで接続のうえ輸送ロックスイッチ横にある電源ボタンを押して電源を入れます。

 

スキャナーのドライバーをインストールする

まずは、PCにfi-65fのスキャナードライバーをダウンロードします。

ダウンロードはこちらから

 

ダウンロードしたファイルを開き、インストールを開始してください。

「アプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」とメッセージが表示されましたら、【はい】をクリックします。

すると、次のような画面が表示されますので、【次へ】をクリックします。

 

次のような画面が表示されましたら、【次へ】をクリックします。

 

次のような画面が表示されましたら、「インストールするすべてのソフトウェアの使用許諾契約に同意する」にチェックをつけ、【インストール】をクリックします。

 

次のようなメッセージが表示されると、インストールは完了です。

 

以上の作業後に、ReCOREコネクターを改めて起動いただきますと、「スキャナー」の選択肢に、fi-65Fが追加されますので、スキャナーを選択のうえ、【テスト読込】をクリックして操作を確認ください。

 

今回は推奨機器であるfi-65Fでの設定について解説いたしましたが、お手持ちのスキャナーもご利用いただける場合がございますので、同様にドライバーをPCにインストールし、お試しください。

複合機の設定について(EPSON PX-M 885F、brother MFC-J4440N)

 

EPSON PX-M 885F

(製品ページ)https://www.epson.jp/support/portal/used/px-m885f.htm

 

brother MFC-J4440N

(製品ページ)https://www.brother.co.jp/product/printer/inkjet/mfcj4440n/index.aspx

 

プリンタードライバーのインストール

まずは、お使いのパソコンにプリンタードライバーをダウンロードします。

▼EPSON PX-M885Fの場合

ダウンロードはこちらから

 

brother MFC-J4440Nの場合

ダウンロードはこちらから

PCのOSバージョンを選んで【決定】をクリック

 

【フルパッケージダウンロード】をクリック

 

 

【使用許諾に同意してダウンロード】をクリック

 

ダウンロードが完了後に、ファイルを開きます。

 

プリンターをPCに設定

次に、お使いのPCにさきほどインストールしたプリンターを登録します。

 

PCの【設定】より【デバイス】をクリックし、【プリンターとスキャナー】において【プリンターまたはスキャナーを追加します】をクリックします。

 

ネットワーク(Wi-Fi)で接続する

▼EPSON PX-M885Fの場合

ネットワーク(Wi-Fi)で接続する場合、まずは機器本体に利用環境のネットワークを登録を行います。

※設置場所に複数のWi-Fiが存在する場合は、ReCOREを利用するPCと同じネットワークをプリンターに登録します。(登録は、ネットワーク接続設定より行うことが可能です。)

 

機器最初の画面で【ネットワーク接続】を選択します。

 

【OK】ボタンを押すと、自動で接続が開始されます。

 

《自動でプリンターが検出されなかった場合》

先ほどの操作で自動的にプリンターが接続されなかった場合は、手動で接続を選択します。

その後、プリンターのプロパティを開いて【ポート】設定画面より、以下の画像のようにポートを選択のうえ【OK】をクリックします。

 

▼brother MFC-J4440Nの場合

ダウンロードしたファイルをクリックすると、自動的に解凍作業が行われます。

「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか」と表示されると、【はい】をクリックします。

「言語選択」では、『日本語』と表示を確認のうえ【次の項目へ】をクリックします。

 

「使用許諾」では、【上記の使用許諾に同意し、インストールを行います】にチェックのうえ【次の項目へ】をクリックします。

 

「接続方法」では、【無線LAN(Wi-fi)】にチェックのうえ【次の項目へ】をクリックします。

 

「製品選択」では、自動検索によりしばらく後に「モデル名」に『brother MFC-J4440N』が表示されます。

そこで「モデル名」をクリックして選択のうえ、【次の項目へ】をクリックします。

 

※なお、製品が見つからない場合は、ケーブル接続を確認の上【再検索】をクリックします。 それでも見つからない場合は、【IP アドレスを指定】をクリックして検索します。

 

【標準インストール(推奨)】を選択のうえ、【次の項目へ】をクリックします。

 

「その他オプション」では、【ブラザー製品調査・サポートプログラム】を選択のうえ【次の項目へ】をクリックします。

 

「インストール完了」が表示され【終了する】をクリックすると完了です。

※ソフトウェア更新プログラムがある場合は、「ソフトウェア更新確認」が表示されます。 該当の項目を選択し【ソフトウェア更新ツールをダウンロード】 をクリックします。 後は表示された画面に従い進めます。※更新する項目により画面構成が異なります

「ブラザー製品調査・サポートプログラム]」画面では、画面右上の【×】 ボタンをクリックし画面を閉じます。

 

スキャナードライバーのインストール(PX-M885Fの場合のみ)

※brother MFC-J4440Nをご利用の場合は不要です

 

まずは、お使いのパソコンにスキャナードライバーをダウンロードします。

ダウンロードはこちらから

 

ダウンロードしたファイルを開き、インストールを開始します。

インストール終了すれば作業完了です。

 

ReCOREコネクターよりテスト操作

改めてReCOREコネクターを起動します。

【プリンター】と【スキャナー】の選択肢より、当該機器名を選択のうえ【テスト印刷】と【テスト読込】を行います。

 

インストール直後の初回テスト印刷のみ、出力完了までに時間を要します(約30秒)。

一度テスト印刷後、次回以降は速やかに出力されますのでご安心ください。

 

今回は推奨機器の複合機プリンター・スキャナー設定について解説いたしました。

 

推奨機器以外の複合機について

ご利用いただける場合もございますので、同様にプリンタードライバー・スキャナードライバーをPCにインストールのうえ操作をお試しください。

なお、TWAIN方式に対応しているスキャナードライバーのインストールを行ってください。

推奨機器外でのTWAIN方式の対応有無に関しては、お客様より各機器のメーカーへご確認をお願いいたします。

但し、弊社の推奨機器以外の複合機では、ご利用いただけない場合もございますので、ご了承ください。

 

その他、ご不明点ございましたらヘルプチャットもご利用くださいませ。

ホームページ

YouTube

周辺機器SHOP