ヘルプ > EC > 出品 > 出品について(Shopify)

出品について(Shopify)

  • 公開日:2022年01月21日
  • 更新日:2024年04月15日

概要

EC連携の事前準備が完了後、Shopifyにおける出品操作についてご案内します。

目次

出品方法

①【EC】メニューにある【出品待ち】を開き、左端の項目より【+新規出品を開始】をクリック

②以下を入力して【適用する】をクリック

【在庫】:買取・仕入した「在庫コード」(ITから始まるコード)を入力して【検索】ボタンをクリックのうえ、該当するコードを選択

【テンプレート】:【設定>EC出品テンプレート】より設定したテンプレート名をクリックして選択

※テンプレートを適用すると出品在庫にあったEC出品テンプレートの内容によりある程度出品における入力作業を省いていただくことが可能です

EC出品テンプレートに応じた出品利用しない場合は、特に指定不要です。

テンプレートの作成や活用方法は、以下のヘルプガイドをご参考ください。

▼ECの出品テンプレートについて

出品する商品の【出品先】にshopifyのストア名にチェックをつけます。

表示された各出品に必要な項目を入力完了後、【出品する】ボタンをクリック

※テンプレートを適用せずに出品する場合には、【出品先】でshopifyのストア名にチェックをします。

※出品時にはShopify出品に必要な項目を入力します。

◆留意点

  • 画像(任意):商品の写真などをドラッグ&ドロップしてアップロードが可能です。
  • 価格(必須):テンプレート適用の場合は、【設定】メニューの【EC同期設定】に設定された内容が反映されます。
  • 数量(必須)テンプレート適用の場合は、【設定】メニューの【EC同期設定】に設定された内容が在庫リストの現在個反映されます。
  • SKU(必須):テンプレート適用の場合は、出品操作時に自動採番されます。任意の番号を指定することも可能です。
  • バーコード(任意):出品する商品カタログの「JANコード」項に入力されている場合は、自動的に反映表示されます。
  • 商品説明(必須)Shopifyの管理画面上での出品時に”説明”欄に入力されている、商品詳細・注意書き・送料などの装飾文書をHTMLコード形式で入力すると反映されます。
  • 商品タイプ(任意):商品のカテゴリーを説明するラベルです。Shopify管理画面側でストアより定義することが可能です。
  • 販売元(任意):販売元の情報を追加することが可能です。
  • タグ(任意):【タグ追加】ボタンを押すと、タグを追加することができます。間違ったタグを追加してしまった場合は、タグ名の右にある『×』ボタンと押すと削除できます。
  • メタフィールド(任意):【メタフィールド追加】ボタンを押すと、メタフィールドを追加することができます。間違ったメタフィールドを追加してしまった場合は、メタフィールド名の右にある『×』ボタンと押すと削除できます。
  • URLハンドル(任意)SEO対策としてご利用いただくことを想定しております。入力された内容が商品ページのURLへ反映される仕様です。
  • 出品予定日時(任意):出品操作を行う日付を予約する場合は、その予定日時を入力

【商品カテゴリの反映について】

Shopifyは商品カテゴリを入力する項目がありませんが、出品商品に紐づくカタログの商品カテゴリが「タグ」の項目に反映される仕様です。

例えば、以下のような【CD・DVD・Blue-ray > DVD・Blue-ray > 外国映画 > SF】という商品カテゴリの商品を出品したとします。

すると、Shopifyへ出品した場合は以下のようにカテゴリの階層ごとにタグが付与されます。

【商品属性の反映について】

ShopifyのタグにはReCOREで設定している以下の商品属性が自動で反映される仕様です。

・brand

・color

・manufacture

例えばbrandとmanufactureに以下のように入力されている商品属性があったとします。

「brand」

「manufacture」

出品後、タグの項目には以下のように自動で反映されます。

出品作業の効率化に繋がる機能ですのでぜひご活用ください。

なお、商品説明欄の【HTMLプレビュー】をクリックすると【商品説明】欄に入力した情報の表示イメージを確認することができます。

▼HTMLプレビューイメージ

【EC】メニューの【出品リスト】画面より出品した商品が追加され、モール側で出品の処理中の場合は、ステータスが『処理中』になっております。
出品が完了すると、ステータスが『出品中』に変わります。

出品を確認する

【EC】メニューの【出品リスト】を開いていただくと、さきほど出品した商品が追加されており、ステータスが『処理中』になっております。

出品が完了すると、ステータスが『出品中』に変わります。

出品操作の完了を確認される際は【出品リスト】画面にて当該商品の出品情報「出品先」項のストア名をクリックすると、ReCOREから出品したShopify出品商品のページが表示されます。

再出品の方法について

以前にReCOREからShopifyへ出品されていた商品を改めて出品されたい場合は、【EC>出品待ち】画面より改めて再出品操作をしてください。

出品中の出品を終了する方法について

ReCOREの【出品リスト】より「出品終了」の操作を行うことで出品を取り下げることができます。

※出品ステータスが「出品終了」となります

出品中の出品情報の変更方法について

ReCOREからShopify出品操作後、出品中の出品情報を更新することが可能です。

※各ECモールにて当該在庫が出品されている状態の場合のみ、出品情報を更新できます。
※前回の出品操作時の「商品番号(管理番号・SKU)」を変更することはできません。
※出品情報を修正更新の処理を行う際、ステータスは『出品中』のまま変わりません。

【価格】を変更したい場合

出品後に「EC>出品リスト」画面の「価格」欄の金額を修正入力すると、しばらく後に反映されます。

【価格】以外を変更したい場合

①「EC>出品リスト」画面より当該出品情報の「出品詳細」欄の【詳細を表示】をクリックします。

②「出品情報」に表示される各項目へ変更したい情報を修正入力します。

③【保存して出品を更新する】をクリックしますと、しばらく後に各モールへ反映されます。
※出品情報の更新ができなかった場合は、「エラー履歴」に処理できなかった情報が表示されますので、エラー内容にそって出品情報を変更のうえ、再度【保存して出品を更新する】をクリックしてください。

出品中の出品を削除する方法について

ReCOREにてECサイトへ出品操作後、誤った内容から出品を削除されたい場合、次のような方法で出品削除を行うことが可能です。

なお、こちらの出品削除の操作を行いますと、ECサイトへの出品情報と同時にReCOREの出品リスト画面のリストも削除されますので、削除前の状態に戻すことはできません。

そのため、削除後に改めて出品されたい場合は、【EC>出品待ち】画面より改めて出品操作を行ってください。

【EC出品リスト】画面から削除

ReCOREの【EC>出品リスト】より削除したい商品にチェックをいれ、【選択中の〇件を一括操作】より【出品削除】をクリックします。

【出品削除】をクリック後に以下のアラートが表示されますので、間違いがないか必ずご確認のうえ、「OK」をクリックし削除を行います。

出品詳細画面から削除

ReCOREの【EC>出品リスト】より「詳細を表示」をクリックして出品詳細画面を開いてください。

画面最下部に表示されている「出品を削除する」をクリックしてください。

「出品を削除する」をクリックすると以下のアラートが表示されますので、間違いがないか必ずご確認のうえ、「OK」をクリックし削除を行ってください。

その他

関連する記事はこちらです。

EC連携の事前準備について(EC全モール共通)

https://help.recore-pos.com/archives/5448

出品について(EC全モール共通)

https://help.recore-pos.com/archives/5472

受注・出荷について(EC全モール共通)

出品について(Amazon)

https://help.recore-pos.com/archives/5489

出品について(ヤフオク)

出品について(ヤフーショッピング)

https://help.recore-pos.com/archives/5427

出品について(楽天)

https://help.recore-pos.com/archives/5586

以上が出品について(Shopify)に関する解説となります。

ご不明点ございましたら、ヘルプチャットもご利用くださいませ。

この記事は役に立ちましたか?

ご意見ありがとうございます!