CLOSE ×

出荷処理について

公開日:2020年11月18日更新日:2021年10月14日

概要

各ECモールへ出品された商品に対して落札(または購入)後に入金が確認されますと、商品を出荷する処理が必要があります。

その際、ReCOREからの出荷の処理を行う手順について、以下に解説いたします。

※なお、受注にかかる操作(出荷やキャンセル)は、各モールから行われた場合、想定外の挙動となる場合がございますので、必ずReCOREの「受注管理」画面から行っていただきますようお願いいたします。

 

出荷処理の手順について

①「EC>受注管理」画面を開く

②「未出荷」タブをクリックし出荷対象の商品を表示

③表示された商品にチェックをいれ、「選択中の○件を一括操作」から「出荷処理」を選択

 

④表示された項目に必要事項を入力のうえ、【確定】ボタンをクリック

なお、「出荷処理」画面では「発送個数」欄のみ必須入力です。「配送会社/伝票番号」項は任意項目となりますので必要に応じてご入力ください。

 

※「配送会社/伝票番号」を選択・入力した場合の各モールの反映については、下記をご参照ください。

ヤフオクの場合:

ReCOREからの「出荷処理」によって「発送会社・伝票番号」を選択したとしても、ヤフオク側には反映されない。

ヤフーショッピングの場合:
ReCOREからの「出荷処理」によって「発送会社・伝票番号」を選択したら、ヤフーショッピングに伝票番号が反映される。(配送会社はヤフーショッピング上に記載があるので出品時にそれを選択)

楽天の場合:
ReCOREからの「出荷処理」によって「発送会社・伝票番号」を選択したら、楽天に伝票番号が反映される。(配送会社はRMS上に記載があるので出品時にそれを選択)

※その他のモールについても順次追記予定です。

 

配送会社システムとの連携による出荷処理について

ヤマト運輸や佐川急便の出荷システムと連携して、一括で出荷処理を行う場合は、こちらの記事を参照ください。

出荷システムとの連携(ヤマト B2クラウド / 佐川 e飛伝Ⅱ)

 

 

出荷処理時の自動メール送信設定について

事前に、「設定>ECアカウント設定」のご利用連携モールのアカウント情報に「メール送信元」アドレスをご入力のうえ、「設定>ECメールテンプレート」より出品先モールに対して「出荷」メールを作成登録してください。

「出荷処理」画面にて、配送会社、伝票番号をご入力のうえ【確定】ボタンをクリックすると、ReCORE上の出荷処理の確定と同時に、受注情報に記載されている「購入者メールアドレス」へ【配送会社】や【伝票番号】などを含めた文章メールが送信されます。

 

ECアカウント設定やECメールテンプレートの新規作成方法についてはこちらの記事をご参照ください。

▼各ECモールとの紐付けについて(初期設定)
https://help.recore-pos.com/archives/1633

 

▼自動メール送信機能について

出荷処理についての解説は以上です。ご質問等ございましたらReCOREのヘルプチャットもご利用ください。

ホームページ

YouTube

周辺機器SHOP