各ECモールとの紐付けについて(初期設定)

概要

Amazon、楽天、Shopifyモールへの併売を行う際、まずReCOREとご利用のECモールとのアカウントを紐付ける必要があります。

その際に、各企業様に実際にECモールの管理画面を操作いただいたり、情報をご提供いただいたりする箇所がございますので、以下に解説いたします。

目次

 

 

連携方法

EC連携を行われる場合には、下記の手順をご参照ください。

1.登録されるモール数をサポート窓口まで申請する。
2.弊社側で操作後、お客様にてReCORE画面右上「設定>ECアカウント」画面からご利用のECサイトの紐付け情報を入力

それぞれのECサイト情報の確認方法は、下記各ECサイト項目をご参照ください。

 

※ECサイト側でパスワード等を変更された場合も、こちらの画面から変更を行う必要がございます。

 

Amazon

まずはアマゾンジャパンのセラーセントラル(管理画面)にログインしてください。

https://sellercentral-japan.amazon.com/

 

セラーセントラル画面の右上にある【設定】より、【ユーザー権限】をクリックして開きます。

 

ユーザー権限のページの、【サードパーティの開発者およびアプリ】という箇所にある、【アプリ管理を表示】を開き、【新しい開発者を承認する】をクリックしてください。

 

次に、【アプリケーション名】ReCOREをご入力いただき

【アプリケーションの開発者アカウントID】には8325-0342-3527と数字を入力してください。(ハイフンはあってもなくても問題ございません)

以下の画像をご参照ください。

※こちらは入力ミスが多く発生する箇所です。コピー&ペーストで必ず間違いないのない様ご入力ください。

正しく入力が完了しましたら、次へ、を押してください。

 

続いて、ライセンス契約の確認を行います。

内容をご一読の上、以下の通り二箇所にチェックをいれます。

 

この状態で次へ、をクリックすれば、作業は完了です。

  • 出品者ID
  • MWS承認トークン

 

 

 

楽天

まずは、楽天の管理画面にログインします。

https://glogin.gl.rakuten.co.jp/

以下の画像を参考に、拡張サービス > WEB APIサービス > WEB APIを開いてください。

 

上記の画面になりましたら、【利用機能一覧】部分を確認し、以下のものが「利用中」になっているかを確認してください。

  • R-CabinetAPI 全て
  • 店舗管理API 全て
  • カテゴリAPI  全て
  • ジャンルタグ検索 全て
  • 商品API ※ 全て
  • 楽天ペイAPI 全て

※楽天のEC出品につきましては、商品登録用のAPIのご利用が必要となります。拡張サービス一覧>オプション機能利用申込・解約の「CSV商品一括編集」への申し込みをお願いいたします。

 

万が一「利用不可」になっているものがある場合は、【利用機能編集】より修正してください。

 

  • 店舗URL (※ReCORE上では店鋪IDと表記):管理画面トップページの右上をクリックすると表示されます。

  • キー情報2種類(ServiceSecret 、licenseKey):上記画像3枚目のキー情報という箇所です。

 

作業は以上で完了です。

 

 

 

Shopify

はじめにShopify partnersの管理画面にログインしてください。

https://partners.shopify.com/

ReCOREと連携させるストアを選択し、ストアにログインしてください・

以下の画像を参考に、アプリ管理 > プライベートアプリ管理 > 各ストアのプライベートアプリ を開いてください。

  • 上記URLの例に「APIキー」「パスワード」「ホストネーム(ストア名)」が記載されておりますので、こちらの情報をEC連携の際にご入力ください

※ストア名は「.myshopify.com」以前のものを入力してください

 

次に、そのまま画面を下にスクロールしていただき、【ADMIN API権限】の箇所を確認し、各項目をご確認ください。

 

■Read accessに設定する箇所

  • Analytics
  • Assigned fulfillment orders
  • Store content like articles, blogs, comments, pages, and redirects
  • Customer details and customer groups
  • Locations
  • Merchant managed fulfillment orders
  • Order editing
  • Orders, transactions and fulfillments
  • Discounts – PriceRule REST and GraphQL API

■Read and writeに設定する箇所

  • Product information
  • Products, variants and collections
  • Inventory
  • Theme   templates and theme assets

 

上とは異なる設定になっている場合は、プルダウンより正しい設定を選択してください。

以上の設定が完了いたしましたら、最後に【Webhook APIのバージョン】を、”2019/10“に設定し、保存ボタンを押してください。

 

設定は以上で完了です。

 

 

ヤフオク!

ヤフオク!との連携には、ヤフオク!ストア管理画面へのログイン情報(ビジネスID及びビジネスパスワード)と、ヤフー自体のログイン情報が必要となります。

貴店にて管理されているログイン情報をReCOREの設定画面にご入力ください。

 

 

ヤフーショッピング

Yahoo!ショッピングについては、APIの申請が必要となりますので、以下の情報で申請ください

https://forms.business.yahoo.co.jp/webform/Inquiry/InquiryTop?inquiry_type=developer_network_9101

※詳細な証明書発行手順は、下記をご参照くださいませ。

1. Yahoo!ストアクリエイターProのトップページを開き、最下部へ移動する

2.「各種申請リンク・その他」内の[API証明書発行申請フォーム]を選択

3.「申請種別」にて[新規発行]をチェックすると同時にストアアカウントを確認

4.[利用規約に同意します]にチェック

5.[送信]をクリック

<API申請時に以下の情報をお使いください>

●アプリケーションID(頭がd、最後がハイフン)
dj0zaiZpPWR0Z3BmeExBUWx5TiZzPWNvbnN1bWVyc2VjcmV0Jng9MWM-

●APIのリクエスト元IPアドレス(2つ)
18.177.65.42
13.113.217.217

<API申請後の設定について>

ReCOREのECアカウント画面のYショッピング項より証明書利用欄の「する」にチェックをいれ、「証明書」および「秘密鍵」を入力してください。

証明書および秘密鍵の確認については、ストアクリエイター Pro(ヤフー管理画面)からAPI証明書をダウンロードしてください。
ダウンロードしたAPI証明書の中で拡張子が“.crt”のファイルが「証明書」、拡張子が“.key”のファイルが 「秘密鍵」となります。