CLOSE ×

商品カタログについて

公開日:2019年05月21日更新日:2021年09月30日

概要

ReCOREには在庫登録時に当該在庫情報の参照元となるデータとして「カタログ」という概念を採用しております。

在庫登録時にその在庫に適したカタログをご選択いただくことで商品自体の詳細な情報入力の手間を省くことが可能となります。

イメージとしては、商品カタログが親であり、在庫情報がそれに紐づく子の関係となります。

(下記画像参照)

 

以下にカタログ登録および編集の手順を記載させていただきますので、適宜ご参照ください。

目次

 

商品カタログは、「カタログ>カタログリスト」より操作することが可能です。

 

カタログの新規登録

カタログの新規登録は、カタログページより【カタログ新規追加】をクリックのうえ、新たに追加作成することができます。

なお、「店頭買取」「一般仕入」時の買取商品・仕入商品の新規で登録することも可能です。

 

新規情報の登録ページの画面が開きます。

以下の必須項目など必要な商品情報を入力します。

  • ✳︎商品名
  • ✳︎カテゴリ

※グロス管理されたい場合は、【グロス管理】項の「グロス管理対象商品」に選択チェックをつけてください。

※できるだけ細かく商品の詳細情報を入力いただくと、ECのテンプレート作成の際に役立ちます。

入力が完了いたしましたら、【商品を新規作成する】をクリックして登録してください。

 

以下のように、登録した商品情報及び発行されたカタログコードが表示されます。

 

登録の作業は以上です。

 

なお、買取商品の検索では、登録されたされたカタログ名のキーワード、またはカタログコードを入力すると、候補が表示されます。

該当する商品はカタログに紐付けて買取を完了させてください。

 

 

登録されているカタログの一覧閲覧および検索

PD」から始まる商品コードをクリックすると、該当するカタログの一覧が表示されます。

 

 

検索窓にカタログの「商品名」などを検索クリックして表示させ、一件ずつカタログの編集を行うことができます。

他にも、【詳細検索】をクリックして、さまざまな検索情報を入力のうえ、【検索】をクリックのうえカタログを絞り込んで表示させることができます。

 

 

カタログ情報の一括変更および修正

既存のカタログ情報を一括で変更・修正することが可能です。
まずは変更・修正されたいカタログの左側にチェックをつけ(全件の場合は選択しないまま)、【選択中の○件を一括操作】より【エクスポート(カタログ)】をクリックしてダウンロードします。

 

ダウンロードしたExcelデータの情報を変更のうえ、保存します。

※「ハッシュ」項は、編集時に変更されないようお願いいたします。

 変更されてしまいますと、インポート時に正しい情報更新ができませんので、ご注意ください。

 

変更したExcelデータを、ReCOREへ【インポート】より【カタログ】をクリックします。

なお、一度作成されたカタログ情報は削除することができません。

利用されないカタログは、「商品名」をわかりやすく変更のうえ、他のカタログと区別していただけるようご対応をお願いいたします。

以上、カタログ情報の一括変更および修正の解説となります。

 

一括変更・修正時の留意点

【データ上にPDコードが入力されている場合】

該当のカタログ商品の情報が上書きされます。
この際、存在しないPDコードであった場合でも、カタログの新規追加は実行されません。

 

【データ上のPDが空でJANが入力されている場合】

・ReCORE商品データベースに該当JANコードの商品が登録されている場合は、その情報を元に新規作成が行われます。(JANコード以外にも入力している項目があれば、そちらが優先されます。入力されていない箇所のみデータベースの情報より補填登録されます。)
・ReCORE商品データベースに該当のJANコードが存在しない場合、入力された情報を元にカタログの新規作成が実行されます。

 

【データ上のPDコードもJANコードも空の場合】

入力された情報を元にカタログの新規作成が実行されます。

 

※なお、一度、変更・修正された内容を変更・修正前の状態に戻す機能はございませんので、変更・修正前にExcelデータを出力のうえバックアップとして保管のうえ、対応ください。

万が一、登録内容を変更・修正前の状態に戻されたい場合にバックアップとしてデータを参照できるように保管いただくことを推奨いたします。

 

その他カタログの参考情報

また、カタログ上部には在庫情報が表示されております。

以下の様に、【自店舗】を選択していると、このカタログに紐づく商品の在庫数や平均原価等が表示されます。

【全店舗】を選択すると、同じカタログに紐づく商品の全店舗の在庫情報や平均原価等が表示されます。

在庫移動の際にご参考いただけます。

 

補足

商品名項には「自動反映」ボタンがございます。

こちらは、カタログに記載されている下記8点を上から順に自動で商品名に反映させる機能です。

ブランド名
自由項目1
自由項目2
型番
サイズ
カラー
素材
自由項目3

EC出品時に、「タイトル」項目を入力する手間を省くためにご用意している機能です。

ご利用時には、まず「自動反映」ボタンをクリックのうえ、タイトルを入力してください。

 

これで、ReCOREで作成した商品カタログを編集する方法の解説は以上です。

ご不明点等ございましたら、ReCOREヘルプチャットもご利用ください。

ホームページ

YouTube

周辺機器SHOP