一般仕入(業者仕入)について

こちらの記事で、業者から商品を仕入れた場合の処理について解説いたします。

ケースリストから仕入れの情報をダウンロードすることで、買掛の管理も可能となっております。

以下に、操作方法を解説いたします。

 

入庫を確定をする

業者様から商品の納品があった際、【一般仕入】メニューより、【新規仕入れ】を選択します。

▲一般仕入れメニューより選択

 

▲画面全体図

 

◾会員を検索する

まず、仕入れ先を入力します。

会員検索より、該当する法人様を検索します。(会員コード、または名前から検索が可能です。)

業者様が表示されましたら、次に商品の登録に移ります。

 

◾仕入れ商品の登録

・一件ずつ登録する

まずは、ReCORE上から一件ずつ登録する方法をご紹介いたします。

【商品を検索】という箇所に、仕入れた商品のJANコードをバーコードリーダーで読みこんでいただくか、または、商品名を検索してください。

該当する商品が表示されましたら、商品を選択します。

まだカタログに登録されていない商品であれば、【新規商品の登録】から追加をしてください。

次に、こちらの画面に、以下の項目をそれぞれ選択、入力してください。

  • 数量
  • 仕入れ単価
  • 販売単価
  • 販路
  • グレード
  • コンディションタグ

 

・CSVで一括登録する

業者からの仕入れ商品の種類が多岐に渡る場合は、CSVでの一括登録をおすすめいたします。

まずは、CSVファイルを開きます。(こちらをクリックし、ダウンロードしてください。)

 

こちらに以下の様に商品のデータを入力していきます。(画像をクリックすると拡大されます。)

 

【入力方法解説】

①以下の3つのうち、どちらか1つは必ず入力してください。

  • 商品コード:既にReCOREに商品カタログが存在している場合は、PDから始まるカタログコードを入力してください。
  • JAN:商品のJANコードがわかる場合は、こちらに入力してください。
  • 商品名:もし商品コード、JANコードのどちらも分からない場合は、こちらに商品名を入力しておくと、ReCOREカタログ外の新規商品として登録されます。

②それぞれ数量を入力

③販路を入力:併売の場合は STORE_EC / 店頭のみの場合は STORE / ECのみの場合はEC と記入

④グレードIDを入力:1(新品)、2(中古A)、3(中古B)、4(中古C) のいずれかの数字のみを入力

⑤コンディションタグID:空欄で結構です

⑥コンディション詳細:自由記述で、商品状態に関して特記事項があれば記入してください。

 

入力が終わりましたら保存し、【CSVからインポート】ボタンをクリックし、先程入力したファイルを選択してください。

※万が一入力に不正があった場合は、右上にエラー通知が表示されます。何行目の入力に誤りがあるかが表示されますので、CSVを修正し、再度アップロードをお願いします。

 

アップロードされたものは、以下の画像の様になります。

こちらの画面で入力項目の編集が可能となっておりますので、必要に応じて修正ください。

 

 

◾確定する

商品の登録が終わりましたら、忘れずにスタッフコードを読み取ってください。(※一般仕入の権限のあるスタッフに限ります)

その後、保存ボタンを押し、数量や金額に間違いがないかを確認してください。

※大量仕入れによる割引がある場合等は、小計調整に調整額を入力してください。

最後に、【入庫を確定する】ボタンを押してください。

その後、必要に応じて在庫ラベルを印刷してご使用ください。

 

※注意

この時点では在庫の入庫が確定しているだけの状態です。支払いは未確定となっておりますのでご注意ください。支払いの確定については以下に記載いたします。

 

 

支払いを確定する

◾入庫と同時に支払いを行う

入庫の確定が完了し、その場でお支払いをする場合は、同じ画面で続いて【支払いを確定する】ボタンを押します。
その際に、支払い方法をプルダウン(現金、クレジットカード、銀行振込)より選択ください。

 

◾後日支払いを行う

業者仕入れでは、上記の様にその場でお支払いすることもあれば、月末にまとめてお支払いする場合もあるかと思います。
その際はいったん入庫の確定をしてから、後日支払いを確定するフローとなりますので、説明いたします。

まず、【一般仕入】メニューより、【ケースリスト】を選択します。

すると、これまでの一般仕入れの記録がリストとして表示されます。

こちらから、支払いを確定するケースを検索してください。
【詳細検索】を押すと、日付や対応スタッフ、商品名などから検索ができます。

該当するケースが表示されましたら、BGから始まる仕入れコードをクリックしてください。

すると、新規仕入れと同様の画面が開きますので、新規の時と同じ手順で支払い確定を行ってください。

 

 

最終的に入庫と支払いが済になっているケースは、以下の画像の様な表示となります。

 

買掛管理について

一般仕入れのあった商品は、経理上いったん買掛で処理されている場合も多いかと思います。
一般仕入れのケースリストよりデータをcsvでダウンロードが可能となっておりますので、そちらをご活用ください。

 

【一般仕入】メニューの【ケースリスト】を開きます。

するとこれまでにあった一般仕入れのケースが全件表示されますので、一括操作ボタンからcsvをダウンロードしてください。

ケース全件ダウンロードをし、csv上でソートをかけて日付等を絞っていただくこともできますが、【詳細検索】より、あらかじめ月単位で絞ってからデータをダウンロードされると便利です。

csvは、通常のcsvと、詳細csvの二種類がございます。
知りたい項目に応じてどちらかを選択していただきますが、買掛管理の場合は通常のcsvで問題ございません。

ダウンロードしたcsvを開けると、この様な表示となっております。

 

買掛で処理されるものは、入庫が完了されており、かつ支払いが完了していないケースが該当するはずですので、フィルタ機能を使って以下の様にソートをかけます。

 

 

こちらでソートされた情報を、仕訳の入力時にご利用ください。

 

 

 

備考

  • 入庫は確定しているが、支払いが未完の状態では、売上数値に反映されません。支払いの確定後に数値が反映されます。
  • 現金管理レポートをご利用いただいている場合で、業者への支払いをレジ内の現金から行われた場合は、必ず【その他入出金】シートにご入力ください。

 

 

 

以上が一般仕入(業者仕入)の解説となります。

ご不明点等ございましたら、ヘルプチャットもご利用くださいませ。