買取を行う

こちらの記事では、ReCOREでの買取の一連の流をご紹介いたします。

買 取 の 流 れ

①スタッフ情報を読み込見込む  *必須
②買取商品情報を入力する  *必須
③査定情報を入力する  *必須
④商品情報を修正する
⑤顧客情報を入力する  *必須
⑥買取を確定する  *必須
 

 

以上の一連の流れに沿って、順番に解説いたします。

まずは、ReCOREの【店頭買取】メニューから、【新規買取】を選択します。

①スタッフ情報を読み込む

画面が開いたら、まずスタッフ情報を読み取ります。

バーコードでスタッフコードを読み取り、またはスタッフコード入力項目に直接入力し、担当スタッフ情報の紐づけを行います。

②買取商品情報を入力する

次に、買取を希望する商品情報を入力します。

画面下部の【買取商品】から、持ち込まれた商品情報を入力し、検索結果より該当する商品情報を選択します。

該当する商品が見つからない場合

該当する商品が無い場合は、【新規商品の登録】をクリックし、必要情報を入力し、商品登録を行ってください。

 

③査定情報を入力する

まず、買取をする商品を表示させます。(バーコード読み取り、JANコード入力、キーワード検索、または商品の新規登録)

  • 買取点数
  • 販路(併売・店頭のみ・ECのみ より選択)
  • グレード(新品・中古A・中古B・中古C・中古Dより選択)
  • 販売単価

を入力します。

ReCOREデータベースに情報がある商品の場合、または買取ルールを設定されている場合は買取推奨単価が表示されるので、クリックして買取価格を入力するか、変更がある場合は【買取単価】項目に直接金額を入力してください。

 

また、これまでに同じ商品が売買取引されている場合、お店に在庫がある場合は、右下に情報が表示されますので、査定金額決定の参考にしてください。

 

次に、補足事項がある場合は項目右側のコンディション情報を入力します。

喫煙あり動作未確認は該当していればチェックを、コンディション詳細は自由記入ですので、特記事項や補足をご記入ください

こちらで入力した情報は、プライスカードに反映されます。

 

④商品情報を修正する

この状態でカテゴリや商品名などの商品情報を編集したい場合は、商品名の横にある【情報修正】ボタンを押してください。
以下の様なポップアップ画面が開きますので、情報の修正を行ってください。

     

▲上の例では、商品名を編集しました。

 

情報の修正後、一番下の【商品情報を更新する】ボタンを押すと、以下の通り情報修正が反映されます。

 

⑤顧客情報を入力する

新規顧客の場合の顧客情報入力

【顧客情報】項目にて

  • 名前
  • 性別
  • 電話番号
  • 住所を入力します。

また、【身分証の登録・確認】より、身分証情報を入力します。スキャナとの接続設定が済んでいる場合は【スキャナから読み込む】ボタンをクリックすることでスキャナを行うと同時に査定依頼者の情報が自動で読み込まれます。

これらの入力はいつでもケースリストより編集・入力可能ですので実際の買取査定の場では手間のかからない項目だけを入力し、後から詳細情報を入力することも可能です。

新規顧客登録については、こちらの記事をご参照ください。
https://help.recore-pos.com/archives/164

会員の場合の顧客情報入力

【顧客情報】項目にて、会員コード・または顧客氏名を入力・検索します。

該当する顧客情報をクリックすると、登録情報が自動的に反映されます。

 

 

⑥買取を確定する

全ての買取商品の情報を登録、保存した状態で、【査定完了としてマーク】という緑のボタンを押してください。

次の画面では【見積書】【売却契約書】の印刷ができます。

署名などを終え買取が成約いたしましたら、【買取を確定する】ボタンを押します。

次に画面の中央に、【チェックアウト】というポップアップが出ますので、問題がなければ確定ボタンを押してください。

 

次の【チェックアウト完了】画面では、レシート及び在庫ラベルの発行ができますので、必要に応じてプリントしてください。

 

 

以上がReCOREを使った買取の一連作業となります。

ご不明点ございましたら、ReCOREのヘルプチャットもご利用くださいませ。

 

【参考記事】

買取ルールを設定する

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です