免税販売について

こちらの記事では、商品を販売される際の免税対応について解説いたします。

 

 

免税販売の手順

 

新規販売画面にて、通常通り

  • スタッフコードの入力
  • 顧客情報の入力
  • 販売商品の登録

を行います。

 

その後、預り金を入力される前に、免税情報を入力します。

以下の画像の様に、販売商品の合計が表示されている部分に、【免税】という表示がございます。

 

まずは、プルダウンより免税区分を選択してください。

  • 免税販売(自動):一般的な免税販売
  • 免税販売(自動・合算):一般品と消耗費が合計値で¥5,000を超え、免税対象となる
  • 一般品のみ免税:一般品のみを免税対象とする
  • 消耗品のみ免税:消耗品のみを免税対象とする

 

続いて、【免税書類情報の入力】ボタンをクリックすると、以下の様なポップアップが表示されます。

こちらは手入力の他、パスポートリーダーでの読み取りも可能となっております。(※ご利用いただけない機種もございますので、ご利用になられる際には弊社までご相談くださいませ。)

また、在留資格、上陸年月日に関しましては、お客様のビザのページをご確認の上、手入力をお願いいたします。
(在留資格の部分は、デフォルトで短期滞在が表示されますので、別の資格の場合はご編集くださ。)

 

 

弊社推奨機器での設定に関しましてはこちらをご確認ください。

バーコードリーダー・パスポートリーダーの設定の仕方

 

 

入力が完了いたしましたら、☓ボタンでポップアップを閉じてください。

以下の様に、免税が反映された合計金額となります。

 

その後、【預かり金の入力】をクリックし、確定すると、以下の様に免税書類を印刷ができる画面が表示されます。

【免税書類を全て発行】をクリックすると、購入者記録書/購入者誓約書/梱包物品リストが全てレシートプリンターより印刷されます。

 

発行後は、この様な表示となります。

 

書類は各店にて保管ください。

 

 

備考

  • 小計が¥5,000未満の場合は免税が適応されません
  • 一般品と消耗品の区分は自動で判別されます
  • 書類を再発行される際は、販売のケースリストよりSSから始まる販売コードを開いていただき、【チェックアウトを再表示】よりご対応ください。

 

 

以上が免税販売についての解説となります。

ご不明点おございましたら、ヘルプチャットもご利用ください。