CLOSE ×

ReCOREで商品を販売する

公開日:2018年11月22日更新日:2022年04月22日

概要

こちらの記事では、「ReCOREを使って商品を販売する方法」についてご案内いたします。

目次

販売の流れ

※画像はクリックすると拡大されます。

販売画面を開く

店頭販売より会計を行う際、画面右上の三本線をクリックし表示される【店頭販売】メニューから【新規販売】をクリックします。

 

スタッフ情報を確認

画面右上の表示されているスタッフ名が、対応者のスタッフと一致しているか確認します。

※表示が対応スタッフではない場合、対応者のスタッフコードをバーコードリーダーで読み込み、反映させます。

 

お客様が会員であるかどうか確認

お客様が会員であるかどうか確認します。

 

会員であるお客様の場合

会員のバーコードを読み取り後、該当する会員情報が表示されます。

お客様が会員証を忘れた場合、「会員情報」に名前やフリガナを入力して【検索】ボタンをクリックし検索が可能です。(検索時、姓名の間にスペースは不要です。)

【さらに顧客情報を表示】をクリックすると、会員の詳細情報が表示されます。

 

会員でないお客様の場合

お客様へ確認から新たに会員登録する場合

あらかじめ発行しているカードがある場合は、その会員カードの会員コードを読み取ります。

発行済みの会員カードなどがない場合は、【空会員を発行】ボタンをクリックのうえ、会員情報に必要な記入用紙などにお客様より記入していただき、後ほど入力します。

 

販売する商品を選択する

販売商品を商品バーコード(ITコード・PDコード)をバーコードリーダーで読みとります。

商品名など検索する場合は、「販売商品」に商品名JANコードを入力して【検索】ボタンをクリックして検索します

 

該当する商品が存在する場合は、次のように表示されます。

※商品名の下には「ITコード/グレード/引当元のロケーション」が表示されます。
※商品の数量の下には「販売可能な現在庫の数量」が表示されます。
※同じ在庫商品が複数ある場合、販売点数分だけバーコードを読み取りすることで反映が可能です。「数量」に直接数字を入力も可能です。

※万が一商品を誤って指定してしまった場合は、商品名の右ヨコにある赤い【×】ボタンをクリックして削除が可能です。

 

商品の価格を変更したい場合は、商品名の右ロコの鉛筆マークをクリックすると、詳細編集画面より可能です。必要に応じて入力ください。

変更が完了後は、画面右上の【×】ボタンをクリックします。

※商品価格税モード(販売)が、「外税販売」の場合は画像のように金額が税抜のため『税抜』表示になっています。

 

※割引設定の詳細は、以下の記事を参照ください。

商品ごとに割引を設定する

商品ごとに割引を設定する

 

もし、販売可能な現在庫数以上の数量が入力されると、次のように「数量」項の背景が赤色で表示されます。

 

 

会計を確定する

販売商品の数量・金額などに相違なければ、【預かり金の入力】をクリックします。

 

表示されたチェックアウト画面には、お客様から決済方法に合わせて金額を入力のうえ、間違いなければ【確定】ボタンをクリックします。

※表示の決済方法(金種)は、ご利用の企業様で共通の内容が設定されています。決済方法を追加ご機能の際には、社内全体でご検討のうえチャットよりご相談ください。

 

次ような注意メッセージが表示される場合は、在庫数以上の販売をしようとしています。指定した商品や数量に誤りがないか改めて確認のうえ、販売商品の数量など正しく訂正します。

 

チェックアウト完了と同時にレシートが出力されます。

右上の【×】ボタンをクリックすると、新たな「新規販売」画面が表示されます。

※領収書を発行する場合は、【発行】ボタンをクリックします。

 

 

 

その他

何らかの原因で取引が中止となった場合

販売を確定するまでは、【削除】ボタンをクリックするとよりケースを削除することができます。

こちらで削除を行うと、ケースリストにケースが作成されません。

預かり金を入力のうえ【確定】ボタンをクリックされた後に、ケースを修正・削除することはできませんので、ご注意ください。

 

販売レシートや領収書を発行(再発行)したい場合

チェックアウト完了後も【チェックアウトを再表示】をクリックすると、チェックアウト完了画面が表示されますので、再発行が可能です。

 

在庫の保管先ロケーションが『デフォルト』と『優先』の両方にある場合

先にロケーション『優先』に保管されている在庫商品が引当され、『優先』在庫が全て引当された後は『デフォルト』が引当されます。

引当される販売可能な在庫が全てない場合は、以下のように「数量」項の背景が赤色で表示されます。

 

▼在庫の詳細例 【販売可】『デフォルト:4個』、【販売可】『優先:3個』の場合

 

 

ReCOREを使って商品を販売する方法の解説は以上です。

ご質問等は、ReCOREのヘルプチャットもご利用ください。

ホームページ

YouTube

周辺機器SHOP