ReCOREで商品を販売する

こちらの記事では、「ReCOREを使って商品を販売する方法」についてご案内いたします。

 

 

※画像はクリックすると拡大されます。

 

会計をスタートする際は、ReCOREの販売メニューから、【新規販売】を選択します。

 

スタッフIDバーコードと会員バーコードを読み込ませる

画面が開いたら、まずスタッフIDバーコードを読み込ませます。

スタッフIDバーコードを読み込むタイミングは、いつでも大丈夫ですが、読み忘れを防ぐために初めに読み込むことを推奨します。

 

次に、次にポイントカード会員の場合は、検索ボックスにカーソルを表示させて、会員バーコードを読み込ませましょう。

お客様が会員証を忘れている場合、名前やフリガナで検索することが出来ます。(検索の際、氏名の間にスペースはいれないでください。)

すると、赤枠のように会員情報が表示されます。

更に顧客情報を表示をクリックすると、詳細な情報が表示されます。

 

販売する商品を選択する

続いて、販売する商品を選択しましょう。

販売商品は、商品バーコードを読み込む方法と、商品を直接検索する方法の主に2つの方法で選択することが出来ます。

バーコードを読み込ませる場合は、販売商品の部分の検索窓にカーソルを合わせてから読み込んで下さい。

直接検索する場合は、商品名もしくは、JANコードで検索するようにして下さい。

※万が一商品を間違って選んでしまった場合は、☓ボタンで削除してください。

 

鉛筆マークを押すと、商品の詳細編集ができます。必要に応じてご入力ください。

※割引に関する参考記事はこちら

 

次に、数量を入力します。数量の入力欄を確認し、販売点数を入力してください。

万が一在庫数以上の数値を入力してしまった場合は、この様に入力欄の背景が赤色になります。

 

他に販売する商品がある場合は、そのまま商品を追加し、最後に保存ボタンを押してください。

 

 

会計を確定する

販売する商品と数量金額等が問題無ければ、【預かり金の入力】をクリックして下さい。

すると決済の画面がポップアップで表示されますので、お客様から決済方法に合わせて、料金を頂きます。

現金、クレジットで支払を行うことができます。

※金種に関しましては、金券、交通マネー、スマホ決済など、種類を追加することも可能です。ご相談ください。

 

在庫数以上の販売をしようとした場合は、以下の様な注意が表示されますので、数量に誤りがないかご確認ください。

 

 

決済が完了したら、【確定】ボタンをして下さい。

すると、レシートや領収書、保証書などを発行する画面に推移します。再発行などもワンクリックで簡単です。

 

最後に右上の×ボタン、またはポップアップ画面外を押すと会計が終了し、次の決済画面に推移します。

 

 

その他

販売の途中に、何らかの原因で取引が中止となった場合、【削除】ボタンよりケースを削除することができます。

こちらで削除を行うと、ケースリストにケースが作成されません。

 

 

 

ReCOREを使って商品を販売する方法の解説は以上です。

ご質問等は、ReCOREのヘルプチャットもご利用ください。