現金管理

現金管理を行う(締め作業・出入金管理)

こちらの記事では、レジ締め等の現金管理について解説いたします。

 

レジIDを登録する

まず、本機能をお使いいただく為に、アカウントごとにレジIDを登録する必要がございます。

【設定】メニュー > 端末設定

より、アカウントに該当するレジIDを選択し、保存してください。

※こちらは一度登録すると、設定が保存されますので、機能をお使いになる初めに一度だけ行う操作となります。
※レジ名は任意のものに変更ができますので、ご希望のレジ名をお知らせください。

 

 

レジ開けを行う

※注意※
この作業は必ず開店前の釣り銭準備段階で行ってください。万が一この作業を忘れると、レジ締めの際の数値に反映されなくなります。

 

営業開始前に、レジ開け作業を行います。

レジ開け作業が出来ない場合は、以下の店舗設定をご確認下さい。

 

※営業締め時間を営業時間前にして下さい。通常深夜12時以降の営業がない企業様は、0:00に設定して下さい。

 

【レジ】メニュー > 締め処理、の【レジ開け】ボタンを押してください。

まずは、レジ開けを行う日付に間違いがないかを確認します。

修正する場合は、カレンダーからも日付を選択いただけます。

 

次に、以下の画像の様に、釣り銭準備金の入力を行います。
レジ開始時の現金を、間違いなく入力して下さい。

こちらは、後から変更が出来ませんので、ご注意下さい。

 

 

中締めを行う

【レジ】メニュー > 締め処理 を開き、【中締め】ボタンを押して頂くと、中締め作業を行うことができます。

中締め画面を開くと、レジ開け、または前回の中締め時からの売上などの情報が表示されます。

※現金やクレジットカード、銀行振込等の販売買取の金種は、各社様で設定した金種が表示されます。

 

内容を確認し、締め段階での、レジ開け同様に、現金レジ内にある残高を金種毎に入力して下さい。

現金過不足がゼロになればOKです。
万が一過不足が発生した場合は、締め実行の前にもう一度金種を数えなおしたり、入出金の入力漏れがないかを確認してください。

締め作業了後の修正は出来ませんので、慎重に作業してください。

 

※【中締め】は何回でも行うことが出来ますので、各店の運用に合わせてご利用ください。
(必須ではございませんので、中締めをされない店舗は特に作業いただく必要はございません。)

 

 

本締めを行う

営業終了後に、レジの本締めを行います。

【レジ】メニュー > 締め処理 を開き、【本締め】をクリックします。

開店時、または最後に中締めを行ってからの売上情報が表示されております。

中締めと同様に、現在レジ内にある現金を数え、金種ごとに入力してください。

こちらも現金過不足がゼロになればOKです。
万が一過不足が発生した場合は、締め実行の前にもう一度金種を数えなおしたり、入出金の入力漏れがないかを確認してください。

中締めと同様、締め作業了後の修正は出来ませんので、慎重に作業してください。

以上で締め作業は完了です。

 

 

現金レポートを出力する

締め作業(中締めも含む)が完了すると、その時点での、現金レポートを出力することが可能です。

締め一覧には、各締め作業の一覧が出ています。

右側のレポート出力のボタンを押してダウンロードして下さい。

 

 

Excelの形式で出力されますので、会計処理などでご活用下さい。

 

 

入出金管理について

ReCOREの中で、レジの現金の出入金処理を行うことが出来ます。

【レジ】メニュー > 締め処理、を開いてください。

 

 

各種入力を始める前に、レジ番号が合っていることをお確かめ下さい。

スタッフコードを入力し、入金・出金の区別を選択し、分類を選択します(※分類については各社様で設定を変えることが可能です)。

最後に金額と、必要に応じて備考欄を入力頂き登録下さい。

こちらも一度入力した物は取り消せませんので、入力の際はお気を付け下さい。

 

こちらで入力した出入金の内容が、締め処理画面にも表示されます。

過去の出入金も日付を絞ってみることが可能です。他のレジ番号も閲覧できますが、編集できるのは自分のレジ番号のみです。

 

 

備考

  • 締め作業に関しては、レジ毎に行いますので、レジを合算した締め作業は行えません。

 

 

レジ締めに関する解説は以上になります。

ご不明点ございましたら、ヘルプチャットもご利用くださいませ。