ヘルプ > ReCOREスタートガイド > 各設定 > 送金システムとの連携と操作について

送金システムとの連携と操作について

  • 公開日:2024年06月07日
  • 更新日:2024年06月12日
ReCOREの宅配買取ケースより買取依頼者の銀行口座へ査定金額の送金依頼を行うことができます。
これにより、商品の査定から査定金額の支払い依頼までをケース内で完結することができ、店舗スタッフや経理担当者が個別に申込者へ送金手続きを行う手間を省くことが可能となります。

こちらの機能については以下のメニューでご利用が可能です。

・宅配買取

・一般仕入

ご利用を希望される場合は、以下の指定の銀行口座の開設や連携に必要なお手続き方法をご案内させていただきますので、弊社営業担当へご相談ください。
GMOあおぞらネット銀行

送金システムについて

ワンポイントアドバイス

ReCOREとの連携を希望される場合は、必ず弊社の営業担当までご連絡をお願いいたします。

なお、GMOあおぞらネット銀行において口座をお持ちいただいているのみでは、連携を行うことができません。

No 項目 説明
1 送金システム連携とのについて

ReCOREとGMOあおぞらネット銀行の振込連携をご希望される場合は、法人口座の開設と連携に必要なお手続きや準備が必要となります。

詳細は担当営業までお問い合わせください。

申し込み費用は無料となります。

2 振込手数料について

買取依頼者への振込手続料は、別途、GMOあおぞらネット銀行よりお客様へご請求されます。

送金システムにおける事前準備

1GMOあおぞらネット銀行において口座開設

貴社よりGMOあおぞらネット銀行において、法人口座をの開設を行います。

GMOあおぞらネット銀行「法人口座開設」

https://gmo-aozora.com/business/

2GMOあおぞらネット銀行へのAPI接続のための申込

銀行より口座開設完了の旨ご連絡後に、貴社より銀行へAPI接続のためのメール連絡と申込手続きを行います。

3テスト環境におけるAPI接続テスト実施

貴社と弊社において、銀行からのAPI連携のテスト環境を元に接続テスト実施します。

4本番環境における接続設定

・【設定>設定】メニューより【外部連携設定】をクリックし、【GMOあおぞらネット銀行】項を開く

・銀行より送付のAPI連携接続情報通知書に表示されている【クライアントID】【クライアントシークレット】を入力

・【リフレッシュトークンを取得】ボタンをクリックすると、GMOにログイン画面い遷移するため、そこで【クライアントID】と【パスワード】を入力

・しばらく後に【リフレッシュトークン】欄へ反映します。

5接続設定の保存

各項目の入力と反映後、【保存する】をクリックして設定内容が正しければ連携が『有効』になります。

注意

リフレッシュトークン取得の際には、GMOあおぞらネット銀行へログインされ、必ず連携される承認者のIDパスワードを入力してください。

あらかじめ、GMOあおぞらネット銀行において、振込の承認者承認のメールトークンを受付するメールアドレスとして対応されるID(マスタIDまたはクライアントID)の承認設定が正しく設定されているかどうか確認を行ってください。

振込依頼

なお、ReCOREでは各メニューのケースを振込依頼後、会計メニューより振込実行を行うことで銀行システムから承認メールが送信され、承認後に最終的に振込が実行されます。

こちらでは、店舗スタッフより振込依頼を行う方法を解説します。

ケース毎に詳細から依頼する場合

ケース毎にケースの詳細内容を確認のうえ、1件づつ依頼を行う方法です。

1各ケースリスト画面よりケース詳細画面へ

・【宅配買取】・【一般仕入】の【ケースリスト】画面より【買取コード】・【仕入コード】をクリック

2ケース詳細画面より銀行振込

・ケース詳細画面の【銀行振込】タブより【振込処理を行う】をクリック

3【振込処理】より依頼内容を登録

【振込処理】画面より各情報を入力し、内容を確認のうえ【振込依頼を登録する】をクリック

各項目については、【振込処理】画面の各項目についてを参照ください。

項目によっては、あらかじめの登録情報や顧客が事前に本人確認時に入力されている情報または会員登録されている情報が表示されます。

4振込依頼後のケース

振込処理の登録後は、ステータスが『振込実行待ち』になります。

【振込処理】画面の各項目について

No 項目 説明
1 振込元口座

必須

GMOあおぞらネット銀行と連携中の銀行口座名が自動で表示されます。

2 振込元名義

任意(空白可)

貴社名・店舗名など振込元の名前を入力します。

3 メモ

任意(空白可)

振込に際しての注意事項があれば記載します。

振込実行の際の参考情報としてReCORE上の表示のみ

4 振込先銀行

必須

・顧客が事前に本人確認時に入力されている情報または会員登録されている情報が表示されます。

・振込先の銀行名を入力すると、銀行名の選択肢が表示されます。

 

5 振込先支店

必須

・顧客が事前に本人確認時に入力されている情報または会員登録されている情報が表示されます。

・振込先の銀行の支店名を入力すると、支店名の選択肢が表示されます。

6 振込先口座

必須

・顧客が事前に本人確認時に入力されている情報または会員登録されている情報が表示されます。

・振込先の口座番号を7桁の半角数字で入力します。

7 振込先名義

必須

・顧客が事前に本人確認時に入力されている情報または会員登録されている情報が表示されます。

・振込先の口座名義を全角ひらがな・カタカナで入力します。

8 振込金額

必須

・各ケースの買取・仕入金額が表示されます。

・金額を半角数字で入力します。

ステータス『振込実行待ち』『キャンセル』『エラー』の場合

上記のステータスの場合は、内容を修正・削除することが可能です。

鉛筆マークをクリックして、【振込処理】画面を開き変更の修正が可能です。

ごみ箱マークをクリックすると【振込処理】内容を削除することが可能です。

複数ケースをまとめて依頼する場合

各ケースリスト画面より依頼するケースをまとめて依頼を行う方法です。

1各ケースリストより対象ケースを表示

【宅配買取>ケースリスト】画面の【詳細検索】より【ステータス】『入庫完了』を指定のうえ、検索します。

※その他に【買取確定日】へ買取期間を指定して対象ケースをより絞り込むことが可能です。

2対象ケースを選択

対象ケースの左側のチェックボックスを選択します。

▼表示の全ケースを選択する場合

チェックボックスの一番上のボックスをクリックすることで、表示される全ケースが選択されます。

3選択したケースを一括振込依頼

選択のうえ、【全○件を一括操作】より【一括振込依頼】をクリック

4依頼の確認メッセージ

画像のように選択した件数分の依頼作成の確認メッセージが表示され、間違いないことを確認のうえ【作成する】をクリック

5振込依頼結果の確認

振込依頼の結果として、以下の各件数が表示されます。件数をクリックすると、各ケースの一覧が表示されます。

状況:依頼処理が完了した件数

エラー:振込依頼の内容に不備があり依頼されていない件数

スキップ:既に振込依頼済により依頼が不要である件数

6振込依頼結果:エラーの場合

エラーの一覧【ケースリスト】画面より、【買取コード】・【仕入コード】をクリックしてケースの詳細状況を確認します。

必要に応じてケース内容の振込情報を追記するなど訂正のうえ、再度依頼を行います。

・ケースの買取金額(仕入金額)が『0円』の場合も振込依頼が不要なため、こちらに含まれます。

 

振込実行

店舗スタッフから振込依頼を受けて、支払いの承認を行う店舗責任者・経理担当者などから振込の実行を行います。

1銀行振込一覧より操作

【会計】メニューの【銀行振込一覧】をクリック

2対象ケースの確認

ステータス『振込実行待ち』より対象ケースを確認

▼ケースの詳細内容を確認する場合

【関連】に表示されるケースコードをクリックすると、詳細ケース画面より【銀行振込】タブのにある「依頼ID」の鉛筆マークをクリック

3対象ケースの選択

依頼IDの左側にあるチェックボックスを選択します。

4一括操作より振込実行

【全○件一括操作】より【振込実行】

5承認者へ届くメールトークンの承認

・GMOあおぞらネット銀行より承認者のメールアドレス宛に承認確認メールが送信されます。

・取引内容承認ページにあるリンク先をクリックのうえ、「メールトークン」「取引パスワード」を送信して承認します。

6振込完了

振込実行完了後は、ReCOREの【銀行振込一覧】においてステータスが『振込完了』に遷移し、振込処理は完了です。

振込ステータス『キャンセル・エラー』について

ステータス『キャンセル』について

次のような状況によりステータスが『キャンセル』と表示されます。

・承認者によりメールトークンが有効な時間内に承認されない

・依頼をキャンセルされた場合

▼お振込み手続きを改めて実行いただく場合

次のようにで再度、振込実行の操作を行います。

【依頼ID】の左横にあるチェックボックスを選択のうえ、【全○件を一括操作】より【振込実行】をクリック

▼依頼IDに注意マークが表示されている場合

カーソルをマークに合わせることで、再確認が必要な内容が表示されます。

必要に応じた対応のうえ、改めて振込実行の操作を行います。

ステータス『エラー』について

ステータスが『エラー』は、振込実行後に銀行側で振込実行が完了しなかったケースを表します。

ステータス『エラー』にカーソル合わせることで、振込実行されなかった要因が表示されます。

必要に応じた対応のうえ、改めて振込実行の操作を行います。

以上、送金システムとの連携と操作についての解説です。

その他

No 項目 説明
1 宅配買取の導入と手続きについて

宅配買取の導入と手続きについて

2 サブステータス設定について

サブステータス設定について

No 名称 対処方法 詳細先
1 準備中 詳しく見る
2 準備中 詳しく見る


こちらにおいて不明な点がございましたら、チャットにてお問合せください。

この記事は役に立ちましたか?

ご意見ありがとうございます!