CLOSE ×

2024年1月10日 EC一括出品機能リリースのお知らせ

公開日:2024年01月05日更新日:2024年01月11日

平素よりReCOREをご利用いただきありがとうございます。

多数のお客さまよりご要望をいただいておりました以下の機能アップデートについてご案内いたします。

 

リリース日 ——

2024年1月10日

本リリース機能における再度の詳細状況確認のため、当初の予定を変更して1月11日リリースとなりました。

———

 

リリース内容 ——

・CSVでのEC一括出品機能の追加(Shopifyでのご利用のみ)

・在庫数0の商品をCSVで出品できる機能の追加(Shopifyでのご利用のみ)

———

 

・CSVでのEC一括出品機能の追加

今回のリリースにより、EC出品テンプレートを用いたCSVでのEC一括出品機能を追加いたします。

 

これまではECの【出品待ち】画面より出品したい商品を1点ずつ選択し、出品操作を行う仕様でしたが、これによりECへ一括で出品を行うことが可能です。

 

操作手順を以下に記載いたしますのでご参照ください。

 

①【EC>出品待ち】より「EC出品テンプレート」を指定する

 

②同画面の「雛形」をクリックし、CSVフォーマットをダウンロードする

※ShopifyのEC出品テンプレートに入力されている「inputタグ」はCSVフォーマットに反映されます

 

③フォーマットに必要事項を入力し保存をする

 

④「ECテンプレートで一括出品」をクリックし、③で保存したCSVデータをインポートする

④の手順完了後、出品が完了したかどうかがReCOREの旗アイコンに通知されます。

 

■出品が完了した場合

■出品が失敗した場合

 

出品失敗の通知がされた場合、上記画像のように原因の詳細を記載しております。

記載内容を元にCSVフォーマットを修正のうえ、再度インポートを行ってください。

なお、10点中1点の出品に失敗した場合、他9点の出品は完了となりますので、出品に失敗した入力行のみ修正を行い、再度インポートを行ってください。

その際、出品が完了した商品情報を削除する必要はございません。

 

※CSVフォーマットをインポート後は必ず旗アイコンの通知をご確認いただくことを推奨いたします。

 

また、一括出品のフォーマットに入力した商品コードや在庫コードについて、以下のように順に出品が優先される仕様となります。

①「在庫コード」に特定のITコードが入力されている → 入力したITを出品

②「商品コード」に特定のPDコードが入力されており、紐づく在庫が存在している(特定の紐づくITコードが存在している) → PDコードに紐づく全てのITを出品

③「商品コード」にグロス管理対象商品のPDコードが入力されており、紐づく在庫(特定のITコード)が1点も存在しない状態 → 出品時に在庫コードを新たに発番して出品

※③の詳細は後述いたします。

 

なお、既にECに出品されているITを入力した場合、出品は行われません。

 

・在庫数0の商品をCSVで出品できる機能の追加

CSVでのEC一括出品を行う際、在庫数0の商品を新規作成したうえでEC出品する機能を追加いたします。

 

こちらの機能を使用される場合、以下の条件を満たす必要がございます。

・CSVデータにPD(商品コード)の入力、かつPDがグロス管理対象商品であり、紐づくITコードが1点も存在しない場合

・CSVデータの「商品コード」「在庫作成時価格」「在庫作成時グレードID」の項目のみ入力されている場合

 

これにより、入荷前の商品を事前にEC出品することが可能となります。

 

なお、こちらの機能を使用して出品した商品は【在庫リスト】には登録されず、【店頭販売】などの他の販売経路で販売することはできません。

 

■注意点

EC一括出品機能は1つのEC出品テンプレートを選択し、複数の商品を一括で出品できる機能となります。

 

そのため、同一のカテゴリや状態の商品をCSVに入力することで効率的な出品が可能となります。

 

また、現時点ではShopifyのEC出品テンプレートに入力いただいた「inputタグ」がCSVフォーマットに反映される仕様となります。

 

※inputタグの活用方法については以下のヘルプガイドに詳細を記載しておりますのでご参照ください。

 

【EC出品テンプレート】inputタグの活用方法

 

そのため、Shopifyへの出品であればinputタグと今回のリリース機能を活用し、より効率的な出品操作を実施いただけることを想定しております。

 

なお、その他のECモールへの出品につきましては現時点では出品後に出品情報を再度入力する場合が発生し、こちらの機能を使用することでかえって工数を要することが想定されます。

 

今後、よりお使いいただきやすくなるよう機能アップデートを検討しておりますので、本機能につきましては基本的にShopifyとの連携をされているお客様のみご活用ください。

 

EC一括出品機能に関するヘルプガイドも作成しておりますので併せてご参照ください。

 

【2024/01/10リリース】EC一括出品機能について

 

以上となります。

 

ご不明点がございましたら弊社サポート窓口までお問い合わせください。

ホームページ

YouTube

周辺機器SHOP