CLOSE ×

【2022/12/08】棚卸し機能アップデートのお知らせ

公開日:2022年12月08日更新日:2023年01月11日

平素よりReCOREをご利用いただきありがとうございます。

棚卸し機能につきまして、これまで多数のお客様よりご要望いただいておりました下記アップデートについてご案内いたします。

 

アップデート内容 ——

・1.分割リストの表示項目の変更

・2.差分商品の確認・棚卸し確定画面の表示項目の変更

————–

 

1.分割リストの表示項目の変更

今回のリリースにより、分割リスト内の名称変更及び、ボタンを追加します。

変更内容の詳細については以下となります。

 

■棚卸しのテンプレートをダウンロードするボタンの追加

これまでの棚卸しのテンプレートのダウンロード方法はReCOREヘルプガイドのみでしたが、今回のリリースにより分割リストからダウンロードが可能となります。

 

棚卸しテンプレートに棚番号の項目を追加

今回のリリースにより、棚卸しのテンプレートに棚番号の項目を追加します。

これまでは、ファイルのインポート時の画面内から棚番号を指定する仕様でしたが、分割IDの情報を一括でファイルよりインポートすることが可能となり、インポート作業時の棚番号の管理も容易となります。

 

変更後のテンプレート内の項目は以下となります。

 

インポート作業時の画面は以下のように変更となります。

 

※本リリースにより、こちらのメモ欄は廃止となります。

 

■分割リスト項目名の変更

今回のリリースにより、分割リストの項目名に「読込エラー数」を追加し、「超過商品数」と「不足商品数」を廃止しました。

棚卸において読み取り商品の商品の過不足の確認は【差分商品の確認・棚卸の確定】で行うことを想定し、分割リスト内では特定ができなかった商品のみをエラーとして表示する仕様へと変更しております。

 

変更後の表示項目は以下をご参照ください。

 

 

■「在庫数スナップショット」を「現時点の在庫を保存」の名称に変更

今回のリリースにより、ReCORE内での棚卸し時の比較元となる在庫数を確定させる「在庫数スナップショット」を「現時点の在庫を保存」へ名称の変更を行います。

 

 

■分割ID画面における表示項目の変更

今回のリリースにより、以下の2点の場合において分割ID画面の該当在庫にて「特定できません」と表示される変更となります。

・読み込みを行った商品が対象店舗、対象ロケーションに存在しない
・複数の該当する在庫があり特定できない

 

これまでは上記のような事象の場合、メモに「無視されました」と表示される仕様となっておりましたが、読み取りが行えない商品を一目で確認することが可能となります。

以下の画像のように表示されます。

 

 

2.「差分商品の確認・棚卸し確定」画面の表示項目の変更

今回のリリースにより、「差分商品の確認・棚卸し確定」画面の表示項目の変更を行います。

 

変更内容の詳細については以下となります。

 

■カテゴリ検索機能と調整できない在庫を絞り込む機能の追加

今回のリリースにより、差分商品の確認画面においてカテゴリごとの検索機能及び、調整できない在庫のみ表示させる機能を追加しました。

 

これまでは棚卸し確定ボタンを押下された際、画面右上に調整できない在庫を表示する仕様でしたが、これにより、「現時点の在庫を保存」を押下後、比較元の在庫数と読み取りを行った在庫数に差異がある在庫のみをスムーズに確認することが可能となります。

追加機能の詳細は以下となります。

 

・【絞込み「カテゴリを選択」】の追加

多数の差分が発生している際、カテゴリ毎に絞り込みを行うことが可能となります。

 

・【調整できない在庫のみ表示】の追加

差分がマイナス表示となっている在庫に対して、廃棄を行うことのできない在庫のみ表示させることが可能となります。

 

以下の表示へと変更されます。

 

■「差分商品の確認・棚卸し確定」画面内の項目追加

今回のリリースにより、「調整数量の確認・棚卸し確定」画面において「棚番号」「販売単価」「原価単価」の項目を追加いたします

以下の表示へと変更しますのでご確認ください。

 

 

リリースに関するご不明な点がございましたらカスタマーサポート窓口までお問い合わせくださいませ。

ホームページ

YouTube

周辺機器SHOP