CLOSE ×

2024年1月24日 ヤフオク連携の仕様変更のお知らせ

公開日:2024年01月18日更新日:2024年01月24日

平素よりReCOREをご利用いただきありがとうございます。

 

多数のお客さまよりご要望をいただいておりました以下の機能アップデートについてご案内いたします。

 

リリース日 ——

2024年1月23日→2024年1月24日

本リリースにつきましては、一部内容の確認が必要となりましたため、リリース日を延期いたします。

———

 

対象 ——

ヤフオクとの連携をご利用のお客様

———

 

リリース内容 ——

・ReCOREとヤフオク連携の安定性向上

・ヤフオクのECアカウント連携の項目変更

・【出品リスト】での価格表示・操作方法の変更

・再出品の仕様変更

・在庫解放の操作手順の変更

———

・ReCOREとヤフオク連携の安定性向上

今回のリリースにより、ReCOREとヤフオク間の処理の安定性が向上いたします。

 

これにより、例えばヤフオク以外で販売された商品がヤフオク上で出品され続けているといった事象が減ることを想定しております。

 

なお、2つのシステム間による仕様上、100%上記のような事象が発生しないというわけではございませんので、その点はご了承ください。

 

・ヤフオクのECアカウント連携の項目を一部削除

今回のリリースにより【設定>ECアカウント】のヤフオクの入力項目「Y! ID」「Y! パスワード」の項目を廃止いたします。

 

また、これまではストアクリエイターProにログインする際に以下の設定をされている場合はECアカウント連携を有効にすることができない仕様でした。

 

・SMS認証をオンにしている

・ワンタイムパスワードを設定している

・確認コードでログインする設定している

 

これにより、ヤフオクとのECアカウント連携の操作が容易に行え、セキュリティの観点より上記の設定をされていた場合もECアカウント連携が可能となります。

 

・【出品リスト】での価格表示・操作方法の変更

今回のリリースにより、ReCOREの【出品リスト】における表示・操作の仕様が一部変更となります。

 

詳細は以下に記載いたしますのでご参照ください。

 

①ヤフオクへの全ての出品情報を一括で再取得する機能の廃止

これまではヤフオクに出品している全ての出品を対象とした「出品情報再取得」ボタンがございましたが、今回のリリースにより出品情報を取得したい出品に対してチェックを入れ、再取得を実行する仕様へと変更いたします。

 

※現在の【受注管理】における「再取得」の操作と同じ仕様となります

 

②出品時に指定した出品価格が保持される仕様へと変更

これまでは、ヤフオクより入札後、出品価格から変更された場合、ReCOREの【出品リスト】に変更後の価格が反映される仕様でしたが、今回のリリースにより出品時の価格が保持される仕様となります。

 

③ReCOREから出品した商品はヤフオク競りナビの「出品データ」にのみ表示

これまではReCOREからヤフオクへ出品した際、「商品データ」および「出品データ」に出品商品が登録される仕様でしたが、今回のリリースにより「出品データ」にのみ登録される仕様へと変更いたします。

 

これによりヤフオクの商品登録上限の20,000件に対する負荷を軽減することが可能となります。

 

・再出品の仕様変更

今回のリリースにより、ヤフオク競りナビの「終了分」「落札分」から削除した商品はReCOREから再出品ができない仕様となります。

 

これまでは競りナビに過去の出品情報や商品情報が登録されていなくてもReCOREから再出品が行える仕様でした。

 

なお、削除をした場合、ReCOREの【出品待ち】より再度出品操作を行う必要がございますので、特別な事情がない限りヤフオク競りナビの「終了分」「落札分」からReCOREから出品した商品を削除することはお控えください。

 

・在庫解放の操作手順の変更

今回のリリースにより落札から14日経過および、落札者削除を行った際の自動での在庫解放機能が廃止となります。

 

リリース後は、ReCOREの【出品リスト】から対象の出品にチェックを付け、出品情報の再取得を行うことで在庫解放される仕様となります。

 

以上となります。

 

ご不明点がございましたらサポート窓口までお問い合わせください。

ホームページ

YouTube

周辺機器SHOP