CLOSE ×

キャッシュドロアーのエラー「Could not complete processing within the specified period」と表示される場合の対応方法

A.

キャッシュドロアーの操作時に、以下のエラーが表示された場合の対応方法を記載しますのでご参照ください。

 

こちらはキャッシュドロワーの接続端子が、正しい位置に差し込まれていない場合に表示されます。

キャッシュドロワーの端子については、真ん中下部(画像赤枠参照)に差し込みをお願いいたします。

▼Tm-m30、Tm-m30Ⅱの場合

 

▼Tm-m30Ⅲ-Hの場合

 

上記をご対応後に、接続されているPCとレシートプリンターを再起動のうえ、ReCOREコネクターを起動して、キャッシュドロアー項の【テスト開け】操作をお試しください。

 

なお、上記対応後も解消されないなどご不明な点がございましたら、

弊社サポート窓口までお問い合わせください。

ホームページ

YouTube

周辺機器SHOP