その他

複合機の設定について

概要

ReCOREを使って買取や販売を行う際に見積書や売買契約書、プライスカードの発行などで、複合機をご利用いただくことも多いかと存じます。

その際に必要なReCOREと複合機の設定についてご参照ください。

※各ドライバーがインストールされていない状態では、ReCOREコネクターに選択肢が表示されません。

目次

 


※ReCORE推奨機器

EPSON PX-M 885F

(製品ページ)
https://www.epson.jp/support/portal/used/px-m885f.htm


 

 

プリンターのドライバーをインストールする

まずは、お使いのパソコンにプリンタードライバーをダウンロードします。

ダウンロードはこちらから

 

ダウンロードが完了しましたら、ファイルを開きます。

 

◆USBで接続する

プリンターを電源とPCにUSBで接続し、電源を入れてください。

以下の画面にて、USB接続にチェックをいれてOKを押します。

プリンターの検索およびポートの設定が始まりますので、終了までお待ちくださいませ。

 

 

プリンターをPCに登録する

次に、お使いのPCにさきほどインストールしたプリンターを登録します。

PCの【プリンターとスキャナー】メニューより、EPSON PX-M 855Fをプリンターとして追加してください。

 

 

◆ネットワーク(Wi-Fi)で接続する

ネットワーク(Wi-Fi)で接続される場合は、まずは機器自体にご利用のネットワークを登録する必要がございます。

※同じ空間に数種類のWi-Fiが飛んでいる場合は、ReCOREを使用するPCと同じネットワークをプリンターに登録してください。(登録は、ネットワーク接続設定より行っていただけます。)

機器最初の画面でネットワーク接続を選択します。

 

OKボタンを押すと、自動で接続が開始されます。

 

※自動でプリンターが検出されなかった場合※

もし自動でプリンターが接続されなかった場合は、手動接続を選択してください。

その後、ポートの設定画面にて以下の画像の通りのポートを選択し、OKを押してください。

 

 

スキャナーのドライバーをインストールする

まずは、お使いのパソコンにスキャナードライバーをダウンロードします。

ダウンロードはこちらから

 

ダウンロードしたファイルを開き、インストールを開始してください。

インストールが完了いたしましたら、以上で作業は完了です。

 

 

以上の作業を行っていただくと、ReCOREコネクターを立ち上げた際に、プリンターとスキャナーの選択肢に、EPSON PX-M 885Fが追加されます。
選択し、テスト印刷や読み込みを行ってみてください。

 

今回は推奨機器であるEPSON PX-M 885Fでの設定について解説いたしましたが、お手持ちの複合機もご利用いただける場合がございますので、同様にドライバーをPCにインストールし、お試しください。

 

その他、ご不明点ございましたらヘルプチャットもご利用くださいませ。

業務レポートについて

ReCOREでは、当日の販売や買取、在庫のサマリーを、業務レポートとしてエクセルで出力することができます。

 

ダッシュボード画面の右上にある、【業務レポート】ボタンをクリックしてください。

 

 

すると、レポートのダウンロードが自動で始まりますので、完了後、任意の場所に保存してください。

ダウンロードされたレポートは、以下の様なものです。

 

  • 業務レポートをダウンロードされた時点での、ダッシュボードの数値がレポートに反映されます。
  • 左上には、ダウンロードされた日付と時刻、店舗名が表示されます。

 

 

日々の数値報告や、経理業務にお役立てくださいませ。