CLOSE ×

Amazonとの連携について

公開日:2019年05月20日更新日:2022年03月11日

概要

ReCOREとAmazonの出品連携について解説いたします。

 

目次

 

はじめに

EC出品を行う事ができるスタッフに権限を付与する必要があります。
スタッフメニューより操作を行ってください。
詳しい方法はこちらの記事をご参考ください。

スタッフの登録と権限の付与設定

 

また、以下の記事をご参考にReCOREの設定メニューよりアカウント情報を入力し、有効化をお願いいたします。

各ECモールとの紐付けについて(初期設定)

 

買取時の操作手順

商品を買取をされる際、買取商品の情報(買取金額、販売金額など)を入力する画面にて、販路を【併売】または【ECのみ】を選択します。

※こちらは後から変更しても連携に反映されませんので、ご注意くださいませ。

その後、通常通り買取処理を行います。

 

出品方法

【EC】メニューにある【出品待ち】を開くと、買取した商品及び、現在ECサイトへ出品待ちの商品一覧が表示されます。

出品したい商品の出品先にて、Amazonのストア名にチェックをつけます。

 

すると、以下のように出品に必要な項目が表示されます。

※「支払い方法」以外の項目が、必須入力となっております。

 

◆留意点

・商品の「画像」は、ドラッグ&ドロップしてアップロードできます。

「SKU」は自動で採番されます。※任意の番号を入力することも可能です。

「配送パターン」は、お客さまのAmazonのセラーセントラルにてご登録いただいている配送パターン名をそのままご入力ください。

※お客様のAmazonストアのセラーセントラルで設定されている名称と異なる入力をされますと、正しく反映されませんのでご注意ください。

「支払い方法」は、各『代引き』『コンビニ』の支払い方法を有効にされたい場合にのみチェックをつけてください。

※あらかじめECテンプレートに登録されますと出品操作の手間を省くことが可能です。

 

 

◆入力例

 

入力が完了いたしましたら、内容に誤りがないか確認のうえ【出品する】ボタンをクリックします。

 

【EC】メニューの【出品リスト】を開いていただくと、さきほど出品した商品が追加されております。

操作後に出品される場合は、処理直後はステータスが『処理中』となり出品が完了すると『出品中』となります。

なお、予約出品をされた場合はステータスが『出品待ち』と表示されます。

 

購入された情報の確認

出品した商品が購入されたら、ReCORE上ではポップアップが表示され、右上の旗マークのお知らせに通知が届きます。(クリックすると、受注商品の詳細が表示されます。)

【EC】メニューでは、【受注管理】に、商品が表示されます。

購入後直ぐは購入者側による購入キャンセルできる状態にある為、【保留中】に商品が表示されます。

約30分ほどすると、自動的に商品が【未出荷】に移動されます。

選択した商品を【全○件を一括操作】から【エクスポート(EC出荷)】をクリックすると、出力されたデータ(Amazon上で登録されている発送先住所、宛名)をダウンロードできますので、送り状の作成にご活用ください。

 

出荷の処理方法

ReCOREの【EC>受注管理】画面から『未出荷』タブを開き、出荷されたい受注の左側にチェックをつけ、【選択中の○件を一括操作】から【出荷処理】を選択のうえ必要事項を入力し、確定の処理を行います。

しばらく後に、ReCORE上でステータス『出荷済み』タブに受注情報が移動し、Amazon側でも出荷の処理情報が反映されます。

(※反映までには数分お時間がかかります。)

 

また、何らかの都合上で購入者、または販売者側で注文をキャンセルした場合は、同じく【EC>受注管理】画面から当該商品にチェックをつけ、【選択中の○件を一括操作】から【受注キャンセル】を指定のうえ、確定の処理を行います。

しばらく後に、ReCORE上で『キャンセル済み』タブに受注情報が移動されAmazon側でも処理情報が反映されます。

(※反映までには数分お時間がかかります。)

その他

・商品を買取る際に販路“店頭のみ”で選択された場合の対応は、こちらの記事をご覧ください。

EC連携について(共通項目)

 

 

各種ECモールとの連携について

楽天との連携に関してはこちら

楽天との連携について

 

ヤフオクとの連携に関してはこちら

ヤフオクとの連携について

 

Shopifyとの連携に関してはこちら

Shopifyとの連携について

 

以上がアマゾンとの連携に関する解説となります。

ご不明点ございましたら、ヘルプチャットもご利用くださいませ。

ホームページ

YouTube

周辺機器SHOP