ReCOREコネクターが起動できません

Q. ReCOREコネクターが起動できません。

 

A. 表示されているエラーに応じてご対応ください。

 

「コンピューター上の既存の登録と競合するため、プレフィックス’http://localhost:24805/’での受け付けに失敗しました。」と表示される場合

 

1.パソコン自体を再起動する

前回、何らかの理由でパソコンが強制終了されてしまった場合にこちらのエラーが発生します。
パソコンを再起動していただき、再びReCOREコネクターを立ち上げてみてください。(右クリックでメニューを開き、「管理者として実行」から起動してください。)

2.ReCOREコネクターを複数立ち上げようとしている

既にReCOREコネクターが立ち上がっている状態で更に新しいコネクターを立ち上げようとした場合も、こちらのエラーが発生します。
パソコンのCntrlキー、Shiftキー、Escキーを同時に押していただき、タスクマネージャーを立ち上げ、いったん開いているReCOREコネクターを全て閉じてから、同じく「管理者として実行」より立ち上げてみてください。

3.ReCOREコネクターが複数インストールされている

ReCOREコネクターのファイル自体が複数存在する可能性がございます。
「recore_connector_win.exe」というアプリケーションファイルが複数ないか検索していただき、万が一複数存在している場合は、インストールした日付が一番新しい物以外は削除してください。

上記すべてをお試しいただいたうえで、依然として状況が改善されない場合にはお問い合わせくださいませ。

 

「DLL `pdfium.dll`を読み込めません:指定されたモジュールが見つかりません。」と表示される場合

こちらのエラーが表示される場合、考えられる原因の可能性といたしましては、ReCOREコネクターを立ち上げるために必要なファイルが何らの原因で消えてしまったことが挙げられます。

その場合は、ReCOREコネクターを再度インストールしてしていただき、現在のファイルを置き換えていただく必要がございます。

お手数ですが、弊社サポート窓口までお問い合わせくださいませ。

「ファイルまたはアセンブリ’Interop.bqac, Version=1.3.0.0 Culture=neutral,PublicKeyToken=null’、またはその依存関係の1つが読み込めませんでした。指定されてたファイルが見つかりません。」と表示される場合

こちらのエラーメッセージが表示されている場合、可能性としてセキュリティソフトによりラベルプリンターやその他の機種別ドライバーが削除されていることが考えられます。

そのため、大変お手数ではございますが、下記二点をご対応いただきましたうえで、弊社サポート窓口までお問い合わせくださいませ。

①セキュリティソフトにReCOREConnectorが検知されないように下記のいずれかをご対応ください

  1. セキュリティソフトをオフにする
  2. セキュリティソフトの設定でReCORE関連のファイルを検索除外
  3. ホワイトリストにReCOREConnectorを登録する

②既存のReCOREコネクターの削除

お問い合わせいただきましたら、ReCOREコネクター一式ファイルのダウンロードリンクをお送りいたします。

そちらのリンクから再度ReCOREコネクター一式ファイルをダウンロードのうえ、各ドライバーをインストールし、ReCOREコネクターを起動できるかをご確認いただく流れとなります。