楽天との連携について

ReCOREと楽天の連携について解説いたします。

 

※各画像は、クリックすると拡大されます。

 

はじめに

EC出品を行う事ができるスタッフに権限を付与する必要があります。
スタッフメニューより操作を行ってください。
詳しい方法はこちらの記事をご参考ください。
スタッフ登録と権限の設定

 

 

買取時の操作

商品を買取をされる際、買取商品の情報(買取金額、販売金額など)を入力する画面にて、販路を【併売】または【ECのみ】を選択します。

※こちらは後から変更しても連携に反映されませんので、ご注意くださいませ。

その後、通常通り買取処理を行い、品出しを行ってください。

 

 

情報を入力し、出品する

次に、【EC】メニューにある【出品待ち】を開いてください。
すると、先ほど買取した商品及び、現在ECサイトに出品待ちとなっている商品一覧が表示されます。

次に出品先を選択します。
出品する商品の出品先にて、楽天にチェックをいれてください。

 

すると、以下の様に項目が表示されます。

 

◆入力における留意点

・画像はドラッグ&ドロップで登録できます。(楽天のサイズ規定に合わせてください。サイズ:横1600×縦1200pixelまで ファイルサイズ:2MBまで)

・商品番号は自動採番されますが、任意の番号に変更いただくことも可能です。(※アルファベットは小文字のみです)

・JANコードはReCORE上のカタログに登録されていれば自動で表示されます。(入力必須項目ではございません)

・全商品ディレクトリIDは、商品を紐付けるカテゴリ番号を入力します。キーワード検索が可能です。

・「カテゴリID」、「タグID」を複数入力さる際は、半角スラッシュで区切って入力してください。

・タイトルは買取時と同じ表示となりますが、必要に応じて編集してください。

・商品説明は、普段楽天に出店される際に入力されているHTMLコードによる装飾文字を入力いただくと、実際の販売ページに反映されます。

・「配送方法セットID」「個別送料」に関しましては、楽天管理画面(RMS)でお客様自身が設定されているものと紐づきます。

https://mainmenu.rms.rakuten.co.jp/

こちらの【店舗設定】より【基本情報設定】を開いていただき、設定、編集してください。

 

◆入力例

 

 

入力が完了すれば、スタッフコードを読み取り、【出品する】ボタンを押すと、出品が完了します。

 

【EC】メニューの【出品リスト】を開いていただくと、さきほど出品した商品が追加されております。

この時点では、ステータスは《待機中》となっております。

正しく出品されているかを確認するには、RMSの画面を開いてください。

【店舗設定】→【1.商品登録・更新】→【商品一覧】より、現在出品されている商品を確認することができます。

商品情報の修正等がある際は、こちらからお願いします。

 

 

購入されたら

出品した商品が購入されたら、ReCORE上では【EC】メニューの【受注管理】に、商品が表示されます。

RMS上では「注文確認待ち」「楽天処理中」「発送待ち」「変更確定待ち」という商品ステータスがありますが、そのステータスによって、ReCORE上での受注管理の、どちらに表示されるかが変わります。
以下の表をご参考ください。

 

RMS ReCORE
注文確認待ち 保留中
楽天処理中 保留中
発送待ち 未出荷
変更確定待ち 未出荷
発送済 出荷済み
支払手続き中 出荷済み
支払手続き済み 出荷済み
キャンセル確定 キャンセル済み

 

※キャンセルの処理自体はReCORE上では操作できませんので、RMSの管理画面よりお願いいたします。

 

 

発送後

上の表の通り、発送が完了すれば、ReCOREの受注管理上でも【出荷済み】ステータスに移動されます。

 

 

その他

・ReCORE上で出品の取り消しはできません。RMSより行ってください。

・商品を買取る際に販路“店頭のみ”で選択された場合の対応は、こちらの記事をご覧ください。

https://help.recore-pos.com/archives/1379

 

 

その他のECモールとの連携について

ヤフオクとの連携についてはこちら

ヤフオクとの連携について

 

アマゾンとの連携についてはこちら

Amazonとの連携について

 

Shopifyとの連携についてはこちら

Shopifyとの連携について