ヤフオクとの連携について

ReCOREとヤフオクの出品連携について解説いたします。

 

※大切なお知らせ※

以前ご使用いただいておりました、Google Chromeの拡張機能は1月末を持って使用できなくなりました。アマゾン、楽天、shopifyと同様ReCORE上で出品ボタン押していただくだけで、ご出品いただけます。
つきましては、現在拡張機能を既にダウンロードされているお客様におかれましては、拡張機能のマーク(ReCOREマーク)の上で右クリックしてメニューを表示していただき、その中の【Chromeから削除】を選択し、削除作業をお願いいたします。

 

 

はじめに

また、EC出品を行う事ができるスタッフに権限を付与する必要があります。
スタッフメニューより操作を行ってください。
詳しい方法はこちらの記事をご参考ください。
スタッフ登録と権限の設定

 

買取時の操作

商品を買取をされる際、買取商品の情報(買取金額、販売金額など)を入力する画面にて、販路を【併売】または【ECのみ】を選択します。

※こちらは後から変更しても連携に反映されませんので、ご注意くださいませ。

その後、通常通り買取処理を行います。

 

情報を入力し、出品する

次に、【EC】メニューにある【出品待ち】を開いてください。
すると、先ほど買取した商品及び、現在ECサイトに出品待ちとなっている商品一覧が表示されます。

次に出品先を選択します。
出品する商品の出品先にて、ヤフオクにチェックをいれてください。

 

すると以下の様に、入力項目が表れます。

※項目は全て必須入力となっております。

 

◆留意点

  • 在庫数以上を数量に入力すると、数量入力欄が赤枠になり、「現在個数を上回っています」というアラートが表示されます。
  • 商品画像はドラッグ&ドロップにアップロードできます。
  • 「管理番号」は自動で採番されますが、任意の番号に変更いただくことも可能です。
  • 「カテゴリID」は、キーワードで検索ができます。
  • 「タイトル」はReCORE上のカタログ商品名が表示されますので、必要に応じてご編集ください。
  • 「商品説明欄」には、ヤフオク上での出品時に”説明”欄に入力されている、商品詳細・注意書き・送料などの装飾文書をHTMLコード形式で貼り付けしていただけると反映されます。
  • 「消費税」、「決済方法」、「配送方法・送料」は、それぞれヤフオク管理画面で設定したものをご入力ください。また、「決済方法」、「配送方法・送料」を複数入力される場合は、アンダーバーの記号を入力してください。
    こちらでエラーは発生しやすいので、注意してご入力ください。

 

(参考)※各社によって設定が異なります

・送料設定:https://onavi.auctions.yahoo.co.jp/onavi/show/shippingtop

 

・代引き手数料設定:https://onavi.auctions.yahoo.co.jp/onavi/show/codtop

・消費税設定:https://onavi.auctions.yahoo.co.jp/onavi/show/consumptiontaxtop

 

 

◆入力例

 

入力が完了いたしましたら、スタッフコードを入力し、【出品する】ボタンをクリックします。

【EC】メニューの【出品リスト】を開いていただくと、さきほど出品した商品が追加されております。

※この時点では、ステータスは《待機中》となっております。
おおよそ10分で、《出品中》ステータスに変更されます。

※同時出品件数が多かったりすると、途中で《出品処理中》と表示されることもございますが、処理が完了すると《出品中》となります。

 

◆留意点

  • 入力漏れやミス(特に「消費税」、「決済方法」、「配送方法・送料」の部分)があった場合は、エラーが発生します。
    その場合は、【出品リスト】【出品詳細】よりエラー履歴をご確認ください。
    該当箇所を修正し、【保存して出品を更新する】をしていただくことで、再度出品処理が開始されます。
    詳しくはこちらの記事をご参照ください。

EC連携について(共通項目)

 

 

 

 

出品を確認する

正しく出品が完了されているかどうかは、ヤフオクのストア管理から確認できます。

ストア管理

出品ナビをクリックすると、現在出品中のリストが表示され、さきほどReCOREから出品した商品が表示されます。

※表示されていない場合はエラーが発生している可能性がございますので、拡張機能のログをご確認ください。

 

 

商品の落札されたら

ヤフオクで商品が落札されましたら、商品が【EC】メニューの【受注管理】に移動されます。

※落札後の出品リストのステータスは、《出品完了》となっております。

 

続いて、ヤフオクのストア管理にある【落札ナビ】を開きます。

【落札データ一覧】より、落札された商品の注文ステータスを変更し、ReCOREと同期を行ってください。

ヤフオクの落札管理画面のステータスに対応して、ReCORE上のステータスの表示がかわります。
以下の表をご参考ください。

ヤフオク ReCORE
未処理 保留中
入金済み 未出荷
発送済み 出荷済み
対応終了 出荷済み
キャンセル キャンセル

 

◆留意点

  • 入札中の商品は、ReCORE上ステータス画面には反映されませんが、裏で在庫確保ができている状態となります。(在庫の個数にも反映されます)
    ヤフオク上でキャンセル処理をすると、ReCORE内の在庫も戻ります。

 

※ヤフオク上では、”入金済み”のステータスまではキャンセルが可能ですが、それ以降のステータスではキャンセルができません。ご注意ください。

 

 

落札された後に、取引を中止する場合

ReCOREを通してヤフオクに出品された商品を、落札後に何らかの理由で取引を中止される際は、以下の手順を踏んでいただく必要がございます。
手順どおりに操作を行わなかった場合は、ReCORE上で在庫が確保されたままになってしまい、解放(販売可能の状態に戻す)ができなくなってしまいますのでご注意ください。

◆はじめに

ヤフオク上で”キャンセルステータス”を作成する

ヤフオクの落札管理の初期設定では、“キャンセル”というステータスはございません。
お手数ですが、お客様自身でヤフオクの管理画面より、ステータスの追加をお願いいたします。

https://onavi.auctions.yahoo.co.jp/

上記URLより落札ナビを開き、落札データ一覧 > 設定 > ステータス設定 を開きます。
以下の画面が表示されるので、新規作成をクリックします。

ステータス名に全角カタカナで【キャンセル】と入力し、登録ボタンを押してください。

以下の通り、ステータスが追加されます。

 

①取引のステータスをキャンセルに変更する

ストア管理 > 落札ナビ より該当の商品ステータスを、”キャンセル”に変更します。

次に、「ヤフオク管理画面上で取引がキャンセルされた」という情報をReCOREに送信する必要があるため、グーグルの拡張機能にて、同期を行ってください。

この時点で、いったん出品されていた商品の在庫が解放されます。

②落札者を削除する

上記の操作を行っていただいた上で、落札ナビ > 落札データ一覧より、”落札者を削除する”作業を行ってください。

 

※①の手順を必ず行ってください。スキップすると、ReCORE上で在庫が解放されません。※

 

出荷後

落札ナビ上で《出荷済み》のステータスに変更いただくと、ReCOREの受注管理においても《出荷済み》に該当商品が移動されます。

このタイミングでReCORE上の在庫も出荷した分だけ減少します。

また、ダッシュボードのグラフ、数値にも売上が反映されます。

 

 

その他

  • ReCORE上で出品の取り消しはできません。ヤフオクの管理画面より行ってください。
  • 商品を買取る際に販路“店頭のみ”で選択された場合の対応は、こちらの記事をご覧ください。

https://help.recore-pos.com/archives/1379

 

その他のECモールとの連携について

Amazonとの連携に関してはこちら

Amazonとの連携について

 

楽天との連携に関してはこちら

楽天との連携について

 

Shopifyとの連携に関してはこちら

Shopifyとの連携について

 

 

以上がヤフオクとの連携に関する解説となります。

ご不明点ございましたら、ヘルプチャットもご利用くださいませ。